お母さん、学校行きたくない

今でも続く、長い長い不登校との戦い。


その日は突然やってきました。


~~~~~~~~~~~~~~~~~


朝6:30


「朝だよ、起きて」


こう声をかければ、いつもならパッと目を覚まして起きだしてくるはずの娘。


この日はなかなか起きてきませんでした。


7:00


もう起きないと学校に間に合いません。


「いい加減起きなさいっ!!」


私は思わず声を荒げてしまいました。


その声に驚いて目を覚ました次の瞬間


娘の目に大粒の涙が浮かんだのです。


【・・・怖い】


「何?」


【お母さん、学校に行きたくない】


そう言ったかと思うと、娘はリビングのソファーに座り込んで


今まで見たこともないほど泣きじゃくり、動けなくなってしまいました。


私はフルタイムで仕事をしているため、この時点で出勤時間ギリギリ。


何とか説得して朝食を食べさせ、登校班の班長の子に


「先に行ってて」


と伝え、15分遅れで学校に送っていき、その日は何とか学校で過ごすことができたのですが


次の日から終わりのない戦いが始まることとなるのです。

みんなの読んで良かった!