スズランの話 2 前回は、20年続けた花屋もう潮時かと、悩んでいたところ、パリジェンヌが現れ潮目が変わってきたというところまで、面白いのは、これからです。

前編: スズランの話
後編: スズランの話3 最終章

「花瓶はホテルに借りるから、花包んでくれる。」と、パリジェンヌは、髪をかきあげた。

「花瓶はこれが良いと思います、ホテルにいいのがあるかわからないし、お供しますよ、花瓶はチェックアウトの後、取りに行きますよ。」

「いいよ、また取りに行ったり面倒だから、大丈夫、花瓶ぐらいあるでしよう、ホテルに。」違う花瓶じゃ、イメージが違ってくると思い。

「花瓶も花も、今から配達しますよ、ホテルは近いし、今から行くんでしょ、後ろから付いて行きますよ。」

「忙しいのにいいよ。」と、言いながらも、僕の提案に乗ってくれた。

パリジェンヌの黒い車の後を、オンボロ車で付いて行った、車で5分もかからない海沿いのホテルにむかった。

駐車場に車を止めると、先に着いていたパリジェンヌはホテルに入らず、僕を待っていてくれた、二人で並んで歩いた、ほんの数メートルだけど、恥ずかしい僕は。

「少し離れて歩いてください、貴方の品位が落ちます。」

その時の格好は、ブルーのネルシャツに汚れたワークパンツ、首にタオルをかけていた、少し離れて、後ろから付いて行った、お姫様と使用人という形をとりたかった。

方や、パリジェンヌは、前回のモノトーンな感じと違い、パリからのお客様を迎える風の、華やかな感じで、並んで歩くには、気が引けた。

前回、お客様が来られた時は、違うホテルを使ったけど、食事が良くなかったそうだ、今回のホテルは新築ホテル、ロビーに入るとまた、恥ずかしくなってきた。

バリジェンヌはフロントの人に何やら話してる、僕は後ろで小さくなっていた、いかにもホテルマン、五十代男性が出てきた、手にシャンパンらしきものを持っている、こちらにどうぞと言いながらパリジェンヌをソファーにすすめた。

僕もソファーに座ると、シャンパンの説明だった。

「こちらのシャンパンは、なかなか手に入らないもので、たまたま出入りの業者が、持ち合わせていた物で、しかもノンアルでございます。」

長い説明に少々ウンザリ気味のパリジェンヌは、くいついた。

「ノンアルじゃ困ります、アルコールの入ったものを用意してください。」

それからも、説明というか、言い訳みたいなものをホテルマンは続けた。

「じゃあ、もうそれでいいです。」パリジェンヌは、とうとう折れた。

険悪なムードの中、僕は、花の事をホテルマンに頼み、そそくさとホテルを後にした。



続きのストーリーはこちら!

スズランの話3 最終章

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。