高校1年生で難病になり最高の仲間ができた話。

1 / 4 ページ

後編: 高校1年生で難病になり最高の仲間ができた話part2

花のJKのスタートは最悪


中学の時、下から数えた方が早いくらい馬鹿だったけどなんとか頑張ってやっと入れた高校。

「憧れの高校生活‼︎」「花のJK‼︎」って言いながら春休みが過ぎて入学式。

なのに

人見知り全開‼︎
決められた席に座った途端「あなたも村上って苗字なの?一緒だね‼︎」って話しかけてくれた女の子のおかげで1日目ぼっち回避。(よっしゃぁぁぁぁっ

問題はここから。
一通り自己紹介とか終わった後

すでにグループがちらほらと‼︎
(´-`).。oO(みんなすげぇ。

自分なりにその後も頑張った。
でもどーしても馴染めなくて、結果ぼっち。

花のJKがぁぁぁ…
でも1人でおどおどしてるのはいや。ださい。

村上。iphoneへ逃げる。
休み時間はひたすらiphoneでツムツム。

1学期は毎日休み時間はiphoneとにらめっこ。

そして夏休み。毎日部活。
クラスの子?遊ぶわけないジャーン。
部活に行って、みんなでうどん食べて話して帰る。
すっごく楽しかった。JKしてる感じがした。
でも夏休みには終わりが来る。
残酷だ…

学校が始まるとすぐに文化祭の準備。
HR委員だったから前に出て話し合いとか進行とかした。
そしたらたぶんみんな

なんだこいつ喋るんだ

みたいに思ったんだろう。

みんなの読んで良かった!