クズなお父さんが赤の他人に変身した話。

1 / 6 ページ

この話はお父さんの愚痴しかない。高校2年生の前向きじゃない話です。


私はお父さんが大好きだった。

私は4人家族でお父さんとお母さんと弟で楽しく仲良く暮らしていた。

でもお母さんは弟が大好きで、弟もお母さんが大好きでおばあちゃんもおじいちゃんも弟が大好きで、私はそっちのけだった。

強がりだったからさみしいなんて一言も言わなかったけど。
でも我慢できなくて弟に当たってた。

お父さんは仕事で帰ってくるのもいつも遅い。
わがままだしバカだし子供みたいだった。
でも、みんなで弟を可愛がったらかわいそう。と言っていつも私のことを可愛がってくれた。

少し重いけど、メアドにもケータイの番号も車のナンバーも私の誕生日が入ってる。
でもそれだけ可愛がられてた。
大好きだった。

小学6年生の夏休み、お父さんがお風呂に入っているとお父さんのケータイにメールが来た。

目に入った名前は「スマイル」
だれ?

気になって開いた。
(好奇心旺盛だったんです)
内容は「今日の夕飯何がいい?♥︎」

…は?

スマイルってお母さん?
家にいるんだからメールでじゃなくて直接聞けばいいのに…。
あぁ。直接言ったら♥︎なんて付けられないか。そっか。

ばかです。

しばらく経って運動会当日の朝。
またスマイルさんから
「AとBの運動会行ってきまーす‼︎」
Aは女の子の名前。
Bは男の子の名前だった。
…だれ?
なんか小6でバカな私もスマイルがお母さんじゃないことはわかった。

みんなの読んで良かった!