20歳成人式までに、サラリーマンの給料で500万の高級車レクサスを買う!と決めてかなってしまった話

1 / 5 ページ



目的と期限


これは僕が18歳から20歳までの事を

出来事を書いたストーリーです。


携帯1つで大金を得る前に実際に

行っていたことです。


携帯1つで大金を得た話はこちらを確認ください。

【高卒で某自動車工場のラインで

ブラジル人と働きながら誰もが

持ってる身近な○○で月収400万にした話】




今回の話は、

【目的と、期限が明確】

だったため


自分が達成することが

できた実際の話です。




皆さんにもよく言われたりしないでしょうか?


目的と期限を明確化しなさい。


この言葉を僕が知ったのは

この目的が達成したのちに

自分で仕事をやりだした

後に知ったことで、



自然に、自分で目的と、

期限を決めることが出来たからこそ

達成出来た今回のストーリーです。




今回は車のことを話にしていますが、

車じゃなくても全然いいです、

自分のことに当てはめてみてください。



・世界一周がしたい


・仕事を辞めて、遊ぶ時間がほしい


・自分で企業がしたい。



こんな目標がある方も当てはめてみてください。



今回の話では、車など、

物を買うことを目的とした話ではなく、


誰でも目的と期限が決まると、自然に

行動ができるようになると

いうことを得てほしく、

この話を書くことにしました。




誰でも、これを読んで、

きっかけの一つにしてもらえると嬉しいです。

では、お話をさせていただきます。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

サラリーマン生活の始まり



僕は工業高校を卒業後(18歳)、某車の部品工場に入社しました。



すぐにライン作業に配属になり、

3交代勤務で朝番、昼番、夜勤と

毎週勤務が変わる所で

毎日ライン作業を行っていました。




仕事内容も、同じライン作業を毎日繰り返し、

仕事が毎日淡々とこなしていました。



サトル
今日もお疲れさまです!
お疲れ~。

お疲れ~。の合図で

みんな帰宅…。




僕の勤めていた会社では、

仲が悪いわけではないけど、

仕事が終わった後に飲みに行ったり、


どこか、毎日のように遊びに行く。


このような事がほとんどなく、

仕事が終わったらすぐに帰宅をする。

このような会社でした。




仕事内容はライン作業、毎日同じことの繰り返し、

だいぶ仕事に慣れていくうちに

気になることがどんどん出てきました。



先輩A
今月ほしい靴かったりしてたから

お金がない。
サトル
そうなんですか?
先輩A
今日から節約しないといけない。
サトル
今月の給料まで我慢ですね。
先輩A
まぁがんばるわ。


こんな感じで毎月のように

お金がないと言っている先輩。


みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。