フィリピンで警察に捕まって帰れなくなった日本人の話パートⅡ

1 / 4 ページ

前編: フィリピンで警察に捕まって帰れなくなった日本人の話
後編: フィリピンで警察に捕まって帰れなくなった日本人の話パートⅢ

車をホテルに引き返させたとき、私の苛立ちはピークを迎えていました。


私の忠告を聞かずに、嬉々としてマニラの夜に消えていった日本人。


その日本人を鴨にして簡単に騙した詐欺師のあのにやけた顔。


そして、何よりも一番に自分の苛立ちを増幅させたのはそんな日本人を助ける事無くホテルを後にした自分。


金目当ての連中にいくらかのチップを渡し、その場で話を収めることならいくらでも出来たはずです。


いくら自業自得とはいえ困っている日本人を助けずに自分の仕事を最優先した事は一生消えることの無い後悔となるに違いありませんでした。


ホテルのフロントでは相変わらず真っ青な顔をして振るえているアロハ君の姿がありました。相手にひざまずき何かを一生懸命懇願している様子でした。

冷静を要する商談と違い、このような交渉はいかにイニシアチブをこちらへ引き寄せるかが鍵です。

自分の苛立ちを抑える事無く、感情をあわらに相手に向かいました。


「おい!逮捕するっていうけど、パトカーは何処にある?まさかトライシクル(三輪バイク)で犯人を護送するつもりか?」


「誰だ?あんたは?」


「私は彼のエージェントだ」


アロハ君の了解を得ることも無く、無理やり二人の間に入った私は勢いのまま苛立ちをぶつけました。


「パトカーはもうすぐ来る。すぐに彼を護送するつもりだ」


「何処に連れて行くつもりだ?」


「カピテの警察署だ」


多分、カピテの警察署が彼らの所轄の警察署だったのでしょう。マニラから車で50分ほど離れた町は多くの工業団地が立ち並ぶ、新興の工業地帯でした。


万が一そちらへ護送されてしまえば完全にアウェーです。イニチアチブは向こう側に大きく傾いてしまいます。


「カピテ?そんなところは認められない、マニラからいくら離れていると思ってるんだ?逮捕するんだったら事件のあったこのホテルの最寄警察署でするが筋だろう?」


「いや、コンプレイン(被害届)はカピテで出ている。だからカピテに連れて行って取り調べる。」


「これは事件ではない、証拠が無い、被害届だけで犯人扱いするのは違法だ」


むきになって怒り始める警察官、真っ赤な顔をして怒り始めました。


「彼は自白をしているだぞ。逮捕されて無期懲役は間違いない」

みんなの読んで良かった!