『ペ●スノート』:Page 1「憂鬱」

1 / 2 ページ

前編: 『ペ⚫︎スノート』:設定集
後編: 『ペ●スノート』:Page 2「絶望」

多田 剣(たた ないと)は憂鬱になっていた。教師を揶揄い、授業を妨害することを楽しんでいる猿以下の男子。気にしなければよいのに、それにいちいち反応して怒鳴り散らす教師。それを他所に、そもそも授業に関心を示さずに漫画やゲームに夢中になっているヤツや、内輪で授業そっちのけで会話を楽しんでいる女子・・・・・。剣は、この酷い有り様を見下し、憂いていた。



「つまんないなぁ......」



心の中で呟いた。剣は、クラスでは全く目立たない15歳の少年である。しかし、学年トップとまではいかないが、中学3年間は常に学年上位に入る成績をおさめている。そのため、勉強のできない輩からよく問題の解き方や意味を教えていた。剣は、自分よりも頭の良い者や人間的に尊敬している者を除き、すべての人間を出来損ないのクズだと思っている。また、この世の中はひどくつまらないものだと考えている。








授業も終わり、剣は玄関の靴箱へ向かった。何だか奥の方から会話が聞こえてくる。剣は耳を澄ましてみた。どうやら、自分と同学年のヤンキーたちがひ弱な中1の男子にイビっているようだ。先輩が後輩にイビってて、情けなく思わないのか、コイツらは。



「ほ~れほれほれ、はよズボンおろしなはれや~。」


「え・・・・で、でも・・ここ公共の場だし、さすがにちょっと・・・・・・」


「あ~るぇるぇ~?ちみ、僕チンたちに向かって口応えしちゃっていいのかぬぁ~???あれバラしちゃうョ?T●itterやFaceb●ok等のSNSサイト及び教室出て側にある掲示板とかであれバラしちゃうョ???」



・・・・・・後輩を恐喝しているということは間違いではないのだが、いかんせん要求とその目的が全くもって理解できない。
しかし、ヤンキー側の言っている「あれ」について、後輩はよほどバレたくなかったのだろうか。しばらくの沈黙の後に、微かに何かが聞こえてきた。ベルトを外す音と、チャックを開く音だ。ああ、言う通りに下ろしちゃうんだ。ズボンを。


「・・・・・うーひょーひょーひょーひょ~~~~~!?!?!?やっぱこいつノーパンで学校来てるってウワサ本当だったやんけ!!!!!!」


「ぎゃははははは!!!!こいつキメぇ!!!!!しかもあれたってるしwwwwwwwwwwどうした?wwwww興奮しちまったか?wwwwwwwwwww」



ヤンキーたちがせせら笑っている中、泣きじゃくっている声が聞こえた。声の主は、下半身ノーパンであることを晒された後輩である。



「おっ、そうだ!僕チンずっとこいつにやりたかったことやるけんね!てな訳でコイツを羽交い絞めオナシャス。」



何をする気なのか・・・・・・後輩が「やめてよ!」と抵抗するなか、もう一人のヤンキーが体を押さえつけているのが音を聞いててわかった。そしてしばらくの静止のあと、突然ヤンキーが声を上げた。



「・・・・・・ほぅ~れ見ぃや!コイツのおチ●ポにてんとう虫が止まったYO!」


ヤンキー達は再び、大声を出してゲラゲラと笑った。途中でスマートフォン独特のシャッター音も聞こえたあたり、きっとその光景を写真にでも撮ったんだろう。後輩は、またしても泣きじゃくっていた。

理解の範疇を超えた彼らのやり取りに耐えられなくなった剣は、すぐさま靴を取り出してその場を去った。・・・・・・それにしても何だったのだろうか。あの一連の流れは。あのヤンキー達の行動はとても理解できるものではないし、もはや犯罪と同等の変態じみた行為である。それに下半身を露出させて笑うだなんて、とても中学三年生とは思えない、実に下らないことだ。センスのかけらもないクズ野郎だ。そして後輩も後輩だ。なぜノーパンで学校に来たのだ。そしてノーパンで学校に来ているという噂を誰が垂れ流したのか・・・・・・。でも、意地悪な先輩が後輩に恐喝していることには違いはなかった。あの時、やっぱり止めに入るべきだったのだろうか。だけど、それであのヤンキー共の矛先がこっちに向かうのも・・・・・・嗚呼、やっぱり自分もあいつらと同じクズ野郎なんだ。剣は、帰路の途中で、ヤンキーたちへの憤りと共に、激しい自己嫌悪の感情に呑まれていた。



みんなの読んで良かった!