14歳の僕は機械だった Part2

前話: 14歳の僕は機械だった part1
よくやく自分の置かれている立場に気がつくことができた。
まだ、夏前なのにそこは冷んやりとした見たこともないほど冷たい世界であった。
足元が急にくすぐったくなった。
去年我が家に来たばかりのシーズーのviviだ。
そうか、viviだけはいるのか
家族構成は
父親、母親、姉2人
という比較的よくあるパターンの家族構成でもあった。
姉2人は共に社会人となっており
会う回数も減っていた。
しかし、両親はどこへ行ったのだろうか
すると、姉からようやく連絡がきた

著者の鈴木 秀さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。