①セットアップにかかった日本人の救出作戦

1 / 4 ページ

後編: ②セットアップにかかった日本人の救出作戦

現地駐在員の一番大変な仕事といえば日本からのお客さんの案内でした。

お客様は現地視察という大義名分はありますが、実情、社員慰労も含めて数名で訪れるパターンが多いです。

現地の仕事をこなしながらこれらのお客様を案内するには通常の数倍の労力を使い、気も使い、お金も使いで、現地駐員は何が苦労かといえば、それらのお客様の接待が一番辛いとこぼす人が多くの意見を持ちます。


私がフィリピンに駐在していた頃も日本から気軽に視察に来れるので当然、昼の視察から始まり夜の接待までお客様への拘束時間がとても長かった事を記憶しています。




そんな、色々なお客様を接待した中で一番の苦労話は?と聞かれ、眠っていた記憶を一気に呼び戻された事件があったことを思い出しました。



それは、フィリピンに駐在して3か月目だったと記憶しています。正確には日本とフィリピンを往復しながら仕事をしていた時です。



とある東京のスーパーでロインのキハダマグロを使っていただいていたお客様より、「現場長を含め3人でフィリピンに視察に行きたい」との話を受け、私はそのお客さま方を成田空港からフィリピンまでご案内した時の話です。



当日の成田空港にはいかにも、といういでたちをして佇んでいる3人組のおじさん達を見て、旅の不安を否めないものに決定付けされました。


それ、絶対に肌着だろ!と、突っ込みたくなるようなTシャツとジーンズ、Gのマークが凛々しい某プロ野球チームの帽子をかぶり、昔の子供たちの間で流行ったフェルトのナップサックを背負った、鮮魚部の現場長。


名前は思い出せませんでしたが、現場長ということで、私の中では「ゲンさん」とあだ名を付けられた方が今回の大問題を引き起こした方です。


同行者と気づかれたくない心境に駆られながら成田を出国、昼過ぎににはマニラに到着し、空港を一歩外に出ると乾いたさわやかな風と何処からか漂ってくるハイビスカスの甘い香りでここがあの悪名高いマニラの町と見間違うほどのリゾート感に誰もが驚きを隠せません。


早々にホテルにチェックインし、とりあえず皆で夕食をということになりました。ホテルの部屋割りも含めお客様が満足してお休みになるまで私の仕事は続きます。


マニラ湾に浮かぶシーフードレストランから見る夕日はとても綺麗でお客様を接待するうえで、ここは最初の好印象を結びつけるもっとも重要な場所となるおしゃれなレストランです。




「カニってこんなにおいしいんだ」

「マンゴも濃くてうまいですね」

初めて食べるフィリピン料理に皆さんご満悦の様子で、私としてはとりあえずワンポイント獲得!と、言ったところです。


いい感じでお酒がまわりデザートの時にはゲンさんがいてもたってもいられない様子で周りをきょろきょろ見渡しています。


「はいはい、分ってますとも、これでホテルに帰したりは致しません・・・」と、皆さんの顔色を伺いながら、「まだ、早いのでもう一件、如何ですか?」とモーションをかけると待ってましたとばかりに皆が席を立ちました。


みんなの読んで良かった!