高校時代に植えたあの芝が…. はじまり篇

今からかれこれ15年ほど前の話だ。
高校の卒業式を終えたわたしは、
気の知れた友人たちと馬鹿騒ぎをしながら
いつもの見慣れた帰路をゆっくりと歩いていた。
今思えば「あれ」はただの偶然ではないように思える。
いつもの道の、いつもの空き地。
いつもの友人たちとの帰り道だったが、
一つだけ違ったのは、
卒業式後の妙なハイテンションのせいか、
色々なものへ興味が向いていた点だった。
私は道路脇の空き地に青々と生い茂る芝生の一部を
なぜかおもむろに拾い上げ、
そのまま自転車のカゴへ放り込んだのだ。
つづく…。

サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

著者の松戸 賢治さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。