12年のOL生活から意を決しての起業!よしっ!頑張ろう!!と走り出したら・・母の急逝。沢山の方々の支えを頂き、辛さと苦しさを乗り越え、今、歩き出しました。

1 / 7 ページ

起業を決意したのは、幼少期からの私の性格

「好奇心旺盛」「挑戦するのが好き」から。


幼少期、大学時代の留学、12年のOL生活、母の急逝。

私の人生を通して決意した「今」


その人生をご紹介します。

少し長いですが、お付き合い下さい(^∇^)


私は、千葉県柏市に生まれました。



         





昔から習い事が好きで、好奇心旺盛だった私は、
小学生から母の勧めで英会話教室へ通いました。

英語の先生とはご縁があり、先生に会いたくてレッスンに通っていました。

分からなかった言葉がわかるようになること。
学んだ言葉で、外人さん(当時の私は、こう呼んでいました)と
話せるようになることが、とにかく楽しくて仕方ありませんでした。





高校時代、「大学生になったらアメリカへ行く!」と決意!

大学は、英文科へ入学しました。




大学一年の春、念願のアメリカ・サンフランシス

コへホームステイ!!

暖かいホストファミリーと、ファミリーの家に滞在する沢山の世界の留学仲間に恵まれました。
そして、最高に楽しい一か月を過ごしました。




その後も、度々、ファミリーの家に滞在する学生生活を過ごし、
サンフランシスコと日本を行き来していました。
今でも、そのご縁は続いていて、
「私のもう一つの家族が、サンフランシスコにいる」
と思っているくらいです。




人生で初めてアメリカに行き、ホストファミリーの家に到着した日。
私以外のファミリー、留学生は、とても楽しそうにワイワイと食卓を囲んでいました。
でも、私は、急に、自分の英語力に自信が無くなってしまいました。
まったく言葉が出てこなく、会話に入っていくことが出来ませんでした。




その時、偶然一日だけ重なってステイした日本人の女の子がいました。
とにかく不安そうな顔をしていた私にこんな言葉を残してくれました。


みんなの読んで良かった!