7.貧困女子とか言わせないためのネットショップ作り

前編: 6.ネットショップにファンを作る
後編: 8.ネットショップ月に15万円、何を売ったらいいですか、なんて言うのは

シングルマザーたちを、少しでも助けたい。


なぜ、私がこんなネットショップ、ネットショップと書いているか、

なぜ、女が、とか月に15万、とか言っているかというと。

月に15万円、自宅に居ながらにして手にすることができれば、働きにくい女子たちやシングルマザーを、とりあえずご飯食べて家賃払って、社会的な生活ができるのではないかと思っているからです。

せっかく赤ちゃん授かったのに、いろいろと事情があって辛い思いをしているシングルマザーたちが、ちょっとでも楽になる方法、私が知っているのはこれだけだからです。

世の中には、インターネットを使って、もっといろいろと稼ぐ方法があると思います。

アフェリエイト、情報商材、FX、株取引、またメールレディ? チャットレディ?

セクシャルなハードルも、超えられるのであれば、それも良いでしょう。私は経験がないので、それが素晴らしい方法なのかどうかがわかりません。


私のやっている、ネットショップ運営が最上の「女が自宅で月15万円」稼ぐ方法ではないかもしれません。けれど、地道に、今の生活を維持しながら、ひとりでもコツコツとやれて、精神的にも肉体的にも負担が少なくすむ、数多くある方法の、ひとつではあるのです。


せっかくのチャンスなのです。

ネットショップを持つことは、世界へ向かって、あなたが自分の意志で、自由に生きていく方法の一つなのです。


男たちの力を借りなくても、あなたが自由に使えるお金を手にすることができる、生活を未来を切り開くツールであることをお知らせしたいのです。

そして、もしも、迷いがあったりうまくいかなかったりした時に、ちょっとでもお手伝いになったらいいなと、心から思って書いているのです。






続きのストーリーはこちら!

8.ネットショップ月に15万円、何を売ったらいいですか、なんて言うのは

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。