若年性乳がんになって片胸なくなったけれど、日々楽しく生きている話~第二章

1 / 2 ページ

前編: 若年性乳がんになって片胸なくなったけれど、日々楽しく生きている話~第一章

涙が止まらなかった前夜。


師走の喧噪の中、私は色々なことを決め、悩み…生きていた。

誰に相談をする訳でもなく、ただ静かに決断を一つずつ。

こういう時、自分でも「損な性格だな」と思う。

泣き喚くこともなく、ただ冷静に…

仲間や親友、身内に相談をしても良かったのかもしれない。

でも、あえてしなかった。

だって、決めなくてはいけないのは「私の命」の行く末。

他人の感情は不要だった。

こう書くと、何だか冷たく感じる方もいるだろう。

それでも、この表現が一番自分の感覚に近かった。

結局は自分。

誰も私の命の結末を決めることは出来ないし、そんな必要もない。

だから、全てを自分ひとりで決めた。

正直、この年末のことはあまり良く覚えていない。

気が付いたら年が明けていて、手術前日だった。


侍医者から色々な説明を受け、前日早めに眠ろうと思い、お風呂に入った。

普段は自分の身体なんてまじまじと見ることはないし、

鏡に身体を映して見るなんてことはしたこともない。

でも。

この日だけは違っていた。

上半身だけが見えるバスルームの鏡。

映り込む自分の左胸を愛おしく感じ、明日にはなくなると自覚した途端…

涙が止まらなかった。

号泣ってこういう時に適した単語なんだなぁ…と。

いや、号泣じゃないな。咆哮に近かったかもしれない。

何の言葉も出てこない。

ただただ…泣いた。

時間が止まってくれたらどれだけ嬉しかったか…無理だけど。

そして、どこか自分の中で腹を括ったんだろう。

黙ってバスルームを後にして、深い眠りについた。


入院の日程は3泊4日。

その間の猫達の面倒は父に頼み、私は病院へ向かった。

偶然にもお願いをしたタクシーの運転手さんは女性。

病院までと伝えたら、何だかんだと話が盛り上がり、

運転手さんにまで「検診受けた方が良いですよ~」と勧める私。

…呑気だ。ホント私呑気だ(苦笑)

ま、そこが私の良いところなんだろうなって思うことにする。


最初に行ったのは侍医者の病院。手術は別の病院で受ける予定だった。

みんなの読んで良かった!