若年性乳がんになって片胸なくなったけれど、日々楽しく生きている話~第一章

1 / 2 ページ

前話: 若年性乳がんになって片胸なくなったけれど、日々楽しく生きている話。~序章~
次話: 若年性乳がんになって片胸なくなったけれど、日々楽しく生きている話~第二章

あっけない手術の代償は大きかった…


あのさらりと終了した私の左胸のしこり摘出手術。

結局胸から出てきた乳白色のしこりは、大きさが大体5ミリ程度だったらしい。

胸の上から触っている感じだと1センチはあると思っていたけれど、

脂肪のせいで大きさの感覚が違ったみたい。


…なんて事をすっかり忘れて普通に生活をしてた私。

特に体調が悪い訳でもないし、何一つ変化のない身体。

ただ唯一気になったのは、痛み。

刺すような痛みがたま~に手術をした辺りから感じるようになって、

私の中に違和感を感じさせる日々が続いていた。

それが、30才になっていた私。


ふと部屋で考え込む。


アタシ
何だろう…面倒な事は嫌だなぁ…

ええ、面倒な事が大嫌いな性格ですから(笑)そんな風にしか思わなかった。

それでも放置するのも何だか嫌だ。だって痛いんだもん。

自宅で色々パソコンで検索をしてみても、大した情報はない。

唯一私の心に引っ掛かった単語。

「がんは痛みを伴いません」

…これが自分の身体に対しての危機感を薄れさせていたのは事実。

だけど痛いモノは痛い。

ってことで、再度親友に連絡。

アタシ
ねぇねぇ、前に手術したじゃない?
あの辺りがまた変なんだけど、
診てもらった方が良いかなぁ?
親友A
う~ん、気になるんだったら診てもらった方が安心だと思うよ~
また手配してあげるから、おいでよ病院に。

…ってことで、2年前に訪れた同じ病院に私は足を運ぶ。

「どうせまた何もないんでしょ~」というお気楽モード全開のままで。


行った科は前回同様「外科」だった。

でも前回の熊医者はすでに退職しており、今回の医者はノーマルな感じのお医者さん。

以下「ノマ医者」と表記します。

ノマ医者
どうしましたか?
アタシ
2年前にこちらでしこりの摘出を受けたのですが、また同じ箇所が気になって…
ノマ医者
そうですか。では診てみましょうか。


とてもジェントルなノマ医者さん。

前回の熊医者のような雑な感じは一切なく、淡々と検査をしていく。

エコー(超音波)の検査をしている時だったか?表情が変わった。


ノマ医者
今から紹介状を書きますので、すぐに専門病院へ行ってください。
アタシ
(ぽか~ん)え、今から速攻ですか?
ノマ医者
ええ、速攻です。病院の場所は地図をお渡ししますし、先生にも連絡しておきますので、必ず行ってください。
アタシ
はい…(マジか?何なの???)



そう、アタシ軽い混乱モード。

だって前回のライトな感じから一変、重量級なうえ真剣さも半端ない。


会計にいた親友に声をかける。


アタシ
ねぇ、何だか専門医のところ行ってって言われたんだけど…
親友A
ま、ちゃんと診てもらえば大丈夫だよ!
早く会計済ませて行っておいで♫
あ、結果はちゃんと連絡するんだよ~

はぁ…orz 何だか面倒な展開になったぞ。

一日に病院ハシゴって何なんだ!(涙)おまけに今度の病院は女性Onlyですって。

どんなところなのかしら…不安だ…ってか迷わず辿り着けるのか?←これ一番重要。


そんな困惑の中、専門医の病院へトボトボ移動。

ま、今いた病院から専門医の病院までは歩いて10分もかからない距離。

でも徒歩が大嫌いな私からすれば、なかなか気が重い。

それでもあれだけ「速攻!」って言われたら…行くでしょ(苦笑)


アタシ
ま、さっくり終わるでしょ~(楽観的)



はい、この気楽さは風のように吹き飛びましたよ、数時間後には(笑)

女性専用だけあって、待合室はピンク系のセンスの良いソファと綺麗な花。

クラシックが流れ、アロマの香りが心地よい。

初めて足を踏み入れた私にとっては何だか異質な空間。

受付でノマ医者から貰った紹介状を出すと、


事務長
連絡はいただいていますよ。
少しお待ちくださいね。

とても穏やかで優しい受付のマダム。

僅かばかり緊張が解けたところで診察室へ呼ばれた。


私を待ち構えていたのは…侍医者だった(笑)

ま、今でもお世話になっている先生だが、あえて侍医者と呼ばせていただく。

侍医者
紹介状を拝見しました。
これから検査をしていきますね。
アタシ
はい…よろしくお願いします…


「大したことないでしょ?」

なんて言葉が言えないくらい、ちょっとしたオーラが出ている侍医者。

とにかく言われるまま様々な検査を受けた。

今回の検査内容は、問診・触診・マンモグラフィー(乳房のレントゲン撮影)・エコー(超音波)

ま、一般的な検査全般ってヤツ。

マンモなんて初めてだったから、大騒ぎなんてモンじゃない(笑)

痛いし、痛いし、痛いし…ってそればっかりになる位痛かった(号泣)

でも仕方ないのかな、何もないって確定するまでは。


侍医者
結果が出るのが一週間くらいなので、
また来てくださいね。

この言葉を耳にしながら、とぼとぼ帰路へ。

沢山検査もしたお陰で、とにかく疲れていたアタシ。

とにかく早く自宅に帰りたかった。



一応親友Aにも電話を入れ、大急ぎで自宅に戻り、一人ぐったり。

アタシ
ど~せ何もないんだし…
とにかく早く全部検査終わらないかな…(涙)

と自宅の猫達に話しかけては無視されて凹む(涙)


ま…この子達のためにも、何もないことを早く証明しなくちゃ。

…と思いながら、一週間が経過し、再度私は病院を訪れた。

侍医者から告げられたのは、

侍医者
きちんとした診断をしたいから、
次の検査受けてね~
アタシ
え?また検査ですか??(涙)

そんなアタシの言葉をさらっと受け流して、笑顔の侍医者。

…この人ドSだ。間違いない、アタシの勘がそう言っている。

おかしいなぁ?前回結構検査したよねぇ?(涙)まだやるの…???

なんて私の思いは放置プレイ。

次から次へと検査は続くのですよ、これまた。


穿刺吸引細胞診(細い針をつけた注射器でしこりを刺し、顕微鏡で検査)やら、

分泌液細胞診(乳首からの分泌液を検査)、

最後が乳管内視鏡検査(乳首から内視鏡を入れて、中を検査)。

全行程が終わったのは、最初に来院してから半月後。

まぁ…長かったですね、ホント。

サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

著者の金子 恵美さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。