16.女子のプチ起業、別名

前話: 15.遊びに行ってるだけじゃ売り上げにならない
次話: 17.セルフブランディング!! とか言わないよ

駄菓子屋さん構想!!



女子のプチ起業。
これを良く思わない人もいることは事実です。


「なめてんじゃないの?」

「仕事を甘くみてるんじゃないの?」

「女の浅知恵って感じだよねー」

「月商100万もないのに仕事とか言うの?」

「責任もなくていいよねー(笑)」


いろんな厳しいご意見がございます。

もちろんそれもごもっともです。


同じ女性でも、主婦のプチ起業というスタンスを嫌がる方もおられます。

気概がそがれる、同じように見られたくない、迷惑だ…など。


でも、できることからコツコツとやるのは、決して悪いことではありません。

いきなり高いハードルを設定して、やる前から心が折れてしまうよりも、

小さくスタートして、ゆっくりと育てていけばいいのです。

なづけて

「駄菓子屋さん構想」

です。


おばあちゃんが、日向で通りを眺めながら、うとうとと店番するような。

まずは、そんなショップを開くのです。


小さな、誰にも知られないようなスタートを切るのです。


密やかに、大切に立ち上げるのです。サナギが蝶になるときは、

誰にも触れられてはならないのですから。


そして、いつのまにか、大空へ飛び立てるほどの翼を育てればよいのです。

小さな翅は、決して恥ずかしてことではありません。


ドリームキラーたちに、大事な羽化を邪魔されてはなりません。

そんなのは、起業じゃない。

そんなのはネットショップじゃない。

そんなのは、夢ではない。


大丈夫、できることから始めましょう。

資金がなければ、資金をかけず。

知識がなければ知識がないままに。


時間だけは、作ってくださいね(#^.^#)




続きのストーリーはこちら!

17.セルフブランディング!! とか言わないよ

著者のミシェル リーさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。