17.セルフブランディング!! とか言わないよ

前話: 16.女子のプチ起業、別名
次話: 18.ネットショップを始めたけど売り上げがほとんどない女子に

ビジネスじゃない、とか言われるかもですが



マーケティングとか、セルフブランディングとか、SEO対策とか、そういうことは言いません。

経済学でも経営学でもありません。

日々の営みです。

女が自宅で月15万円を稼ぐための、小さな生業。たったそれだけの事。

手作り石鹸を売るのもいいし、小さなポーチを作って売るのも良いでしょう。

焼き菓子やパンを焼いて売るのもすてき。


それが、今までは絵本のお話、童話のよう夢物語だったのが、今は

ちゃんとあなたの暮らしを支える「仕事」になりうる可能性がありますよ、

という事なのです。


インターネットという世界へ開かれた窓を使って、

ネットショップという小さなお店をオープンさせることで、

あなたの夢を叶えて、日々の暮らしを少しでもゆとりのあるものへと

変化させられるということを言っているだけなのです。


「どうせ売れないよ」


仰る通り。

そう簡単には売れません。


けれど、だからといって、男社会が作りだした経営基盤に寄り添う必要はないのです。

「売れる」ために、いろいろな人がいろいろなメソッドを提案してきます。


「売れる」「稼ぐ」ためには、もっとマーケティングを勉強し、

資格を取り、

あなたの商品を替え、

顧客にとってリーズナブルでお得なものを用意し、

広告を打ち、

見栄えのするホームページとショップを作り、

あなた自身の着飾った写真を貼って、

有名人とのツーショットをあげろ、とまで言ってきます。


気にしないでください。

それは、そういう方法もあるよ、というお話。

お好きであれば乗るのも手です。


しかし、あなたがそんな方法が好きでないのなら、

やらなくて良いのです。

それがネットの世界のそもそもの自由です。


あなたは、やりたくないことはしなくて良いのです。

やりたいことだけして、月に15万円を稼いでください。

でなければ、あなたを幸せにできない。

あなたが幸せになるために、

小さなネットショップを持つのです。

幸せな小さな城に、たくさんのお客様をお呼びして、楽しくお過ごしください。

それがあなたのネットショップを繁盛させる最大の秘訣です。









続きのストーリーはこちら!

18.ネットショップを始めたけど売り上げがほとんどない女子に

著者のミシェル リーさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。