高木教育センターのありふれた日々(4)

1 / 10 ページ

高木教育センターのありふれた日々(4)

 

第三十一章「知らないと損をする」

第三十二章「あっち側と、こっち側」

第三十三章「打倒!四日市高校」

第三十四章「ナシ婚、ナシ校、2015年」

第三十五章「日本一の受験マニア」

第三十六章「下町ロケット」

第三十七章「胆管結石と通風の痛み」

第三十八章「私の指導力じゃない」

第三十九章「クールヘッド、ウォームハート」

第四十章 「Bくんのこと」

 

 

 

 

第三十一章

「知らないと損をする

   英語に「受験英語」「資格英語」「ネイティブ英語」がある日本の現状を憂えています。詳細はブログに書きましたし、Youtube にも投稿させてもらい反応はかなり大きかったです。硬い話にしてはね。

  なんで、こんなおかしなことになっているのでしょう。これを読んで下さっている方は whose って関係代名詞をご存知ですか?今の中学校の教科書からは消えています。ご存知でしたか? whom も教えない。 

  文科省や教科書会社の言い分は明快で

「現実に余り使われていない」

  ってこと。現場の教師はそのように教えている。

 しかし、本当にそうなのかな。もちろん、大学入試では出まくり。だから、高校に入学した途端に関係代名詞が増える。問題集や参考書も扱う。それどころか、ほとんど使われない(ネイティブの感想です) take it for granted that - や no less than と not less than の違いとか文法学者顔負けの暗記をさせられる。

 

 皆さんは山を「-座」と数えることは知ってみえますか?タンスは「-棹」。でも、多くの日本人は

「あそこに山がひとつある」

 と言います。タンスは一個でしょうか。文法学者が、

「それは正しくない」

 と言っても、誰も文法学者の言葉などに耳を貸さない。

 中学校の英語は、この耳を貸さない日本人のような方針で教える。高校では、文法学者が正しいと教える。ここに齟齬がある。生徒が混乱するのが当たり前なのです。中学校までは現実主義で教えられ、高校になったら文法主義。

 文科省、教科書会社、教育委員会!

「責任者は誰だ!いいかげんにしろ!!」

 と言いたい。

 

  これは、文科省がブレまくっているからだ。文法中心主義でいくのが、現実主義でいくのか。もちろん、現実主義でいくべきだと思う。京大を7回受けて得点開示して、

「京大の英語は現在使われている英語を評価する」

 と推測された(かなり確かです)。

 日本の教育界の「権威」が老害である可能性が高い。文科系の教授は、実験などで実証するのではなくて肩書きや権力で支えられている。だから、シェークスピアの時代のような英語を扱う参考書や問題集ができあがる。

私の立場は「下町ロケット」の社長より弱い零細塾の講師でしかない。文科省の大臣や役人が耳を貸すわけがない。いくら英検1級、通訳ガイドの国家試験、国連英検A級、ビジネス英検A級、京大二次試験8割でトップクラスと言っても、まったく負け犬の遠吠えほどの効果も及ぼせない。

 そして、中学生や高校生は混乱のまま置かれる。おかしな話だ。

   

  馳浩文科大臣は専修大学文学部国文学科卒のもとプロレスラー。私はこの方より英語に詳しい自信がある。しかし、今の日本は、四日市高校に落ちた先生が四日市高校受験生を指導し、英検2級の先生が1級や準1級の生徒を指導し、京大を落ちた先生が京大受験生を指導している。

みんなの読んで良かった!