平凡なナースがメモ程度に書いていたブログが、1ヶ月30万PVになり本を出版したらアマゾンで1位になった信じられない話。

1 / 7 ページ


私は、ごくごく一般的な看護師だ。

看護師としてはもう5年目。

看護師という専門職ではあるが、社会的な位置づけとしては

その辺のサラリーマンと変わらないし

5年目になって仕事にも慣れ、後輩がちょっとできたくらいだ。

役職があるわけでもなく、特別大きな仕事もやったことはない。

そんな私が、ある日突然、本を出版することになった。

そして、その本がいつの間にかAmazonで売れ筋ランキング1位になっていた。

そんな、信じられないような話は

偶然と出会い、そして別れ、その都度感じる様々な葛藤があってできた結果だった。

これから書くことは、すべて実話だ。

本を出したいと考えている方に、

平平凡凡な人間がどのようにして作家になったのかという一つの例をお話ししたい。


2014年1月、きっかけは趣味で始めたブログだった。


看護師になって4年目。

とくに優れた能力のない私は、4年目になっても、仕事でミスをしたり、怒られる日々が続いていた。

後輩からも舐められ先輩として扱われないこともしばしば。

後輩の指導をするにあたって、先輩としての自覚を問われる毎日だった。

出来ない自分へのいらだちと先輩らしさを出すことができず、後輩への申し訳なさを感じていた。


2014年、新年を迎えるにあたって、今年こそこんな自分を変えて見せる!という気持ちのもと

勉強したことを備忘録として残しておくことを決めた。

自分を成長させるため、そして後輩の指導をするためにきっと役に立つと考えたからだ。

そこで、文章をメモするだけならと思いブログを書き始めることにした。

しかし、飽きっぽい性格の自分には、

ただブログを書くと決めただけでは続かないことはわかっていた。

だから、自分でブログを書く3つのルールを決めた。


1.とりあえず、3か月毎日なにか書いてみること。

2.1つの記事につき800文字を意識すること

3.ブログを書くまでは友人の誘いを断つこと


ブログを毎日更新するために

ちょっとキツイけど頑張ればなんとかなるというのを基準に決めたルールだった。

結果的に、このルールを設定したことは正解だったと思う。

もしなかったら、今の自分はきっと存在していないだろう。


ブログを書く必要性を感じなくなった


さて、このようにして意気揚々とブログを書き始めたのだが、

みんなの読んで良かった!