歌舞伎町とギャルと北海道

1 / 6 ページ



友達というか…

僕的には舎弟みたいな感じなんですが、

1人の女の子がいます。

背が低くて無理してギャルぶって背伸びして…

僕は

【ちびっ子ギャング】

と呼んでいます。

歳は今19歳か20歳ですかね・・・

あんまり興味かないんで覚えてません(笑)

まあなんか知らないですけど腐れ縁みたいな感じで、

今でも連絡を取り合ったりしているわけで・・・

「そいつ」と知り合ったのは、

後輩が社長として経営していたキャバクラでした。

その店はかなり小さい店で、

お客が14~5人ぐらいでいっぱい

いっぱい満卓になってしまうぐらい。

オープン当初は画期的な発想で、

その地域一帯の中で1番の人気店でした。

連日大行列でした。

ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ

(コスチュームがねすごく斬新だったんですよ~)

だがしかし・・・

大金を手にするようになった後輩社長は

人が変わって、変貌してしまい、

自分の給料意外に、「店の売上」まで手をつけるようになり

キャバクラや風俗遊びをするようになりました・・・

ついには男子や女の子の給料まで使い込んでしまい

仕事ができる男子スタッフが

「こんなバカな社長とは一緒にやってらんない」

全員辞めてしまう事に。

そして困った後輩社長は僕に泣きながら電話をしてきました・・・

最初は「男子スタッフを紹介してください!」

と頼まれたんですが、

給料が遅れる店なんかに紹介なんてできません。

著者の坂口 隆さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。