恩師のことば

1 / 5 ページ



このSTORYを執筆しようと決めたのは、ある言葉がきっかけとなっています。


「これから、できることも増えますが、できなくなることも増えます。」


これは、高校時代の国語の先生が、卒業に際して学年全員に贈った言葉です。



今年の夏に20歳を迎え、バタバタと毎日を過ごし、気がつけばもう、寒さを感じる季節になってしまいました。大事な節目の年にも関わらず、これまでお世話になった多くの方々に、お礼の言葉を伝え忘れているではありませんか!



「できなくなる」前に、ここに記しておきたいことがあります。



少し遅くなりましたが、これまで出会った沢山の「恩師」のみなさまへ、ささやかながらお礼とご挨拶に代えて、このSTORYを執筆しようと思います。

目次

▼「心の炭をダイアモンドに」

▼「勝手に流れる涙は気にしないで」

 「辛いときに、手を差し伸べてくれる存在になる」

▼「夢のある道を選べ」

▼「人より楽して高得点を」

 「自分は大切にして」

▼「プロになってヨーロッパでプレーすること」

▼「できることも、できなくなることも増えます」


一言一句違わぬよう書き残した言葉もあれば、そうでないものもあるので、ときに都合の良い解釈をしているかもしれません(笑)。


しかし、これらの言葉をいただいた人との巡り合いはもちろん、
何より、貴重で素敵な言葉との出会いに恵まれていると自負しております。


他にも記憶に残っている言葉はたくさんあるのですが、
執筆するにあたって、これを読んでくださる方へも届くように、よりカッコ良い言葉を選んでしまいました。

また、ここでの「恩師」は私の認識上の恩師ですので、とりわけ”先生”についてのお話ではありません。


では、いってみましょう!


「心の炭をダイアモンドに」

初めて私の心に残った言葉は「もともと心は炭で出来ている。それを毎日丁寧に磨くことで、ピカピカのダイアモンドにするんだよ」というもの。


小学校1年生のときでした。


みなさんは、自分の小学校の入学式を覚えているでしょうか。

みんなの読んで良かった!