話題が全部尋問。自分の条件に合うのか取り調べするんじゃないっ!ー出会いの機会大損害の巻ー

1 / 2 ページ

後編: 割り勘をやめさせる女は、手土産の極意とタイミングを知っている

婚活で、ほぼ100%盛り上がらない話題がある。けれども、放っておくと婚活中の人たちが全員やらかしてしまう話題である。しかも、その話題は婚活中の人たちが、「やらなきゃいけないもの」だと思い込んでいたりする。


まるで禁断の果実のような話題とは・・・。

それは、「自分の条件を中心とした話題」である。


といってもわかりにくいので、具体的なお話をこれからしよう。

まもなく40歳の大台を迎えようとしていたアラフォー女性の話をする。婚活歴はなんと15年。人生の3分の1以上を婚活に費やしてしまった超ベテランである。

お見合いの席での話題は次のようなものだった。


アラフォー女性
私は結婚したら子どもがすぐに欲しいので、仕事をやめようと思っています。
お見合い相手
は、はぁ・・・。



初対面で、子どもが欲しいかどうかの意思表示をしてしまうのだ。

これは、自分が結婚したら仕事をやめるという条件をまず飲んでくれるかどうかを相手にぶつけているのだ。


この通り、男性のほうは、

まだ初対面なのに、子どもの話・・・


とついていけず、リアクションも短くなり、次の話題が浮かばなくなる。


子どもの話の他にも、

勤続はどれぐらいですか。
役職はどうなっていますか
ご両親はご健康ですか(介護状態にないか探っている)


などもあげられる。


彼の仕事やご両親の情報については、もちろん結婚する前に知っておかなければならないことだ。必須だと言える。しかし初対面でこれらの話題をしてしまうと、男性は自分の個人情報を尋問されている状態になって、体が硬くなり、次の話題を展開できなくなる。


そうすると、悪循環が起こる。

男性が話をしてくれないわっ。それなら私がどんどん質問をして沈黙を破ろう


こうして女性が聞きたいことだけを一方的に聞きまくる質問タイムが始まる。

男性はげんなりである。


女性は

婚活中の男性って内向的で困るわ。いい男はどこにいるのかしら?



と思う。自分のせいでこんな空気になっていることに気がつかない。


出会っている二人の会話を結婚相談所の人間がずっと聞いているわけではない。だから会話の展開についてのアドバイスというのは非常にやりにくい。

しかも、上手くいかない方法で、10年以上引っ張っている人たちは相当頑固だ。このやり方が間違っていると疑っていないんだから。


しかし、10年も正しいと信じ続けることにはやっぱり理由があるのだ。

みんなの読んで良かった!