自分の人生が大きく変わった、世界最強のチームを決める伝統の戦い『クラシコ』の一戦

1 / 5 ページ


 

僕が初めて現地で観戦したクラシコは、
2007年3月10日にカンプ・ノウ(バルセロナの本拠地)で行われた一戦だ。


当時はまだスペイン在住1年足らずで、
ライターと名乗るのが憚られるほど仕事も少なく、記者席に座れる立場にもなかった。

 

l朝からカンプ・ノウのチケット売り場で行列を作り、
手に入れたのはバックスタンド最上階の最安チケット。
※それでも80ユーロ以上した。当時のレートは1ユーロ155円だから約1万3千円!
 ちなみに一番高い席は、定価で4万円以上!


試合中はテレビで見るより遥か遠くでプレーする豆粒大の選手たちを
壮絶な打ち合いの末に3−3のドロー決着となったこの一戦は、数々の伝説を生み出してきたクラシコの歴史においても指折りの名勝負の1つと言われている。


この試合は僕の人生も大きく変える、一戦になった。


あ、説明し忘れてしまったので、先に紹介しておこう。
なぜ、チケット価格が定価4万円以上もする試合があるのか。

それは、このクラシコがサッカー界で世界最強のチームを決める“伝統の一戦”だからだ。

スペインサッカー1部リーグには、世界的な人気と実力を誇る2チームが同席している。

ひとつはレアル・マドリード。
かつてはベッカムやジダンが在籍し“銀河系軍団”を形成、
今は約130億円とも言われる史上最高額の移籍金でチームに加入したクリスティアーノ・ロナウドがいる、『20世紀最高のクラブ』と呼ばれるサッカークラブだ。


そしてもうひとつが、バルセロナだ。メッシという、DF5人抜きを達成してしまうような世界最高の選手を擁し、彼らの短いパスでリズムよくボールをつなぐスタイルは世界中から愛されている。


そんな両クラブが世界最強の座をかけて戦う一戦、世界中のサッカーファンから常に大きな注目を集めているのが“伝統の一戦”クラシコなのだ。

(クラシコの歴史:http://www.wowow.co.jp/sports/liga/clasico_special_1_vol.1.html

  

◆観衆を無条件に虜にするクラシコのスタジアム空間

僕が初めて見たクラシコの話に戻ろう。

人生初のクラシコ観戦でそんな大当たりくじを引き当てたこの日、僕が受けた最大のインパクト。
それはスタジアムの雰囲気だった。 

在住1年足らずとはいえ、既に何度もカンプ・ノウでのバルセロナ戦は観戦していたのだが、
この日のそれは他の試合とは別格だったのだ。

それはなぜか。まず、単純に人の数が違う。


カンプ・ノウの座席は全て、誰かしらのソシオ(クラブ会員)によって
アボノ(年間シート)として所有されている。

 

だが実際のところ、シーズンを通して全試合に足を運ぶソシオはほとんどおらず、
たとえば昨季のホームゲームの平均観客動員数は77,632人。


つまり限られたビッグゲームを除き、
ほとんどの試合では少なくとも2万席以上の空席が生じていたことになる。


7万人もいれば十分盛り上がるではないか、と思われる人もいるだろう。
確かに7万人の歓声は5万人のそれよりも大きいことは間違いない。


だが人数と同じくらい重要な要素がある。それは人口密度だ。


たとえば、乾貴士が今季移籍したスペイン1部エイバルのホームスタジアムは「イプルア」と呼ばれる。

みんなの読んで良かった!