2「お金がないじょ・・・」

前話: ズッコケ親子の受験戦記(1):めざせ夢、日本の大学
次話: 3 キャ、キャンパス・ナビゲーション?! 

さてはて困ったもんです。
日本へ帰るったって、日本の大学へ行くったって、娘よ、あぁたの親の
生活基盤はポ国であるぞ。
物価が安く、それまで日本のほぼ半分の生活費で暮らしができるお国である。
日本からポ国へ来るのならいざ知らず、その逆コースであるから、これはあぁた、
経済面で並大抵なことではございません。

我が家ではその頃、六つ歳が離れた息子は、リスボンで大学生活です。
リスボンと言えば、住居賃貸料の高さでは、なぜかヨーロッパでも1、2を争うという、
どうでもいいようなことで有名な都市なのです。

法外な家賃を5年間も払って(ポルトガルの大学は5年制)ドブに捨てるよりも、         
 中古でいいからリスボンにアパートの一室を買った方が得だ、と夫は判断。

ポルトでもとびきり授業料が高いと言われるBritish Schoolを息子が先に、そして娘が卒業し、
ようやくその授業料から開放され、やっと夫婦の終の棲家なるつつましいフラットを買い、
ローンを組んだばかりの頃です。ポルトの自宅とリスボンのアパートと・・・・・・
もう、娘よ、日本の大学受験は無理だってば^^;

娘が父親に面と向かって宣言できなかった理由は、ここにあるのでしたw
夢です。夢ならば見ることは自由だ、娘よ。

しかし、かえるの子はかえる。
「いつかアメリカで」と高校時代からの夢を見続け、卒業後都会で一人暮らしをしながら、
オフィス、歌姫のバイトと数年間働いて、ついに夢を叶えた、そのおっかさんこと、
わたくしの、さすが娘(笑)もっともわたしがその夢を実現できたのは、三十路を過ぎてでしたが。        

つまり、我が子もその血を引き、事をそう簡単には諦めず、頑固に色々計画をコネ、そして、ごね回したのでありまし た。

ストーリーをお読みいただき、ありがとうございます。ご覧いただいているサイト「STORYS.JP」は、誰もが自分らしいストーリーを歩めるきっかけ作りを目指しています。もし今のあなたが人生でうまくいかないことがあれば、STORYS.JP編集部に相談してみませんか? 次のバナーから人生相談を無料でお申し込みいただけます。

続きのストーリーはこちら!

3 キャ、キャンパス・ナビゲーション?! 

著者のSodebayashi Costa Santos Yukoさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。