GPA2.3の地方出身大学生を、外資系投資銀行内定まで支えたメール

1 / 9 ページ

後編: 人生のPlan Bから5年経ったU君は、どうなっているのでしょうか?

3年前に出会った地方出身の大学生への就活支援で、Facebookで交わした3200通のメッセージの記録です。


3年前、皇居勤労奉仕のボランティアで、私はU君と出会いました。友人が彼を誘って、ボランティアに参加していました。私は、久しぶりに大学生と出会ったのです。





「近頃の大学生は、勉強しているんだろうなあ・・・」


ふたりとも、難関国立大学の法学部の2年生でした。一浪の末、目指していた東大を諦め、志望を変えて、現在の大学に入学したそうです。


「〇〇大学ですか、すごいんですねえ・・・よく勉強したんでしょうねえ。どうやったら、そんな難しい大学に受かるのですか?私なんか、受験しようとさえ思わなかった大学ですから。」


「簡単ですよ、英語は音読ですよ。英単語と文法を固めたら、あとはひたすら音読です。」


そして、Facebookでお友達申請をしました。


それから、U君が私の英語のセミナーへ参加しました。そのセミナーのあとに、U君が相談があるというので、お話を聞きました。


「西條さん、おれはどんな仕事についていいか、分からないんです。」

「どんな仕事に興味があるのですか?」

「一応、商社に行こうと思っています。」

「どうしてですか?」

「先日、先輩OBがキャンパスに来て、かっこ良かったからです。それに、海外で活躍出来るみたいだし・・・」

「海外で活躍するなら、たくさんの仕事がありますよ。」

「でも、おれには、どんな仕事があるか分からないし・・・」

「商社って、泥臭い仕事です。アフリカのジャングルの奥へ行って、商品を売る仕事も含まれます。タフで、気の強さが必要なんです。」

「そうなんですか?」


U君は、神経質な顔をしていました。焦点がぼけて、どこを見ているか分からない様子でした。


「おれ、実は、司法試験を受けるために法学部を志望したんです。一年生の時は、やる気があったけれど、2年生になってから、『司法試験を受けるには、向いていない』って感じたんです。


それで、司法試験を受けるのを止めたんです。そうしたら、頭の中が真っ白になって来て、なにをやっていいか分からなくなって、彼女を作って、2年目は遊んじゃったんです。それに、彼女には振られるし・・・これが、俺の成績です。」


U君から、正直に成績を見せてもらいました。


「GPA2.3・・・どうしたら、こんな成績がとれるの?私でも、こんなにひどい成績は、取れないよ。ちょっとひどすぎるね。」

「そうなんですか・・・?」

「この成績だと、どこも内定は無理だよ。GPAは、最低3.0にしないと・・・」


それから、学年平均を見ました。

みんなの読んで良かった!