旦那がまさかのタネナシだった!?不妊原因の約半数は男が原因という事実。第1話

後編: 旦那がまさかのタネナシだった!?不妊原因の約半数は男が原因という事実。第2話

そもそも、旦那は最初から子ども好きだった。


付き合う前から、子どもが好きかどうか聞いてきたし、

甥っ子への溺愛っぷりもすごかった。

一方私はというと、子どもと接する機会があまり無かったせいか、

嫌いじゃないけど、末っ子のせいか、どう接していいのかわからない感じ。


それでも、好きな人と「結婚して、家庭を持つ」。

そんなフツーの女の幸せに、憧れはもちろんあった。


私は、30代半ばで結婚した。

いわゆる晩婚で、卵子にとってはお肌の曲がり角のような時期。

妊娠率が急に下がり始めると言われている年齢だ。

わたし
もう歳だし、妊娠しづらいかも…一度婦人科で診てもらおうかな?
だんな
早く子ども欲しいしなぁ。行っておいで!

確かに早い。まだ新婚半年だったから。

でも年齢のこともあるし、私はちょっと焦っていたんだと思う。

実は付き合っていた頃も、すでに結婚の約束はしていたので

結婚する1年前から合意のもとで避妊していなかったのだ。

それなのに一向に気配がない…


さすがに私も旦那も気になっていた。

わたし
もしかして私、不妊…?

そんな不安もあったので、

とある有名な不妊治療専門のクリニックに、予約の電話を入れた。


このときはまだ、健康診断のような気軽な気持ちだった。

まさか自分が本格的な不妊治療をすることになるなんて、

夢にも思っていなかったのだ。





続きのストーリーはこちら!

旦那がまさかのタネナシだった!?不妊原因の約半数は男が原因という事実。第2話

みんなの読んで良かった!