旦那がまさかのタネナシだった!?不妊原因の約半数は男が原因という事実。第2話

前話: 旦那がまさかのタネナシだった!?不妊原因の約半数は男が原因という事実。第1話
次話: 旦那がまさかのタネナシだった!?不妊原因の約半数は男が原因という事実。第3話

不妊治療専門クリニックは有名なだけあって、

予約がなかなか取れない。

なんと1ヶ月も待って、ようやく診療となった。


受付に入ると専用の電話を渡され、

受付のお姉さん
当院では本名でお呼びすることはありません。こちらの電話で呼び出しますのでお待ちください。

とのことだった…電話で呼び出し!?

プライバシーの配慮ってやつか。


待ち合い室に行くと、さすが有名クリニック…人・人・人だらけ。

1時間ほど待って先生の診察を終えると、

ホルモン検査・肝炎検査・HIV検査・AMH検査(卵の数を調べる検査)etc…

あらゆる側面から検査するために採決しまくる。

目の前でどんどん血が抜かれ、

こんなに抜いて大丈夫なのかと思うくらい容赦ない。


初日の病院滞在時間は、ななななんと5時間(!)。

フラフラになりながら先生の問診を受けると、

先生
おつかれさまでした。旦那さんも検査するから連れてきてね!精液検査は家でも病院でもいいよ。
わたし
(精液検査かぁ、言いづらいw)は、はい…。

ひとまず家に帰宅し、旦那に報告。

そして精液検査と血液検査を受けてね~と(努めて明るく)言うと、

だんな
オッケー!じゃあ一緒に病院行こう!

すごいやる気あふれる答えが返ってきました。意外。

よっぽど子どもが欲しかったのか…


精液検査は家でも良いけど、

どうせ採血しなきゃいけないので結局病院で受けることに。

途中、(アレを出す)小部屋の前ですれ違った男性と、

目が合ってしまって気まずかったそう。そりゃそうだ!


でも待ち合い室には意外に夫婦で来ている人も多く、

男の人がいても何の違和感も感じなかった。

わたし
昔だったら婦人科に男がいるってめずらしかったけど、最近は夫婦で来る人たちも多いんだなぁ。

そんなことを思いながら、

先生の診察をひたすら待ちました(ここでも3時間待ち…)。




続きのストーリーはこちら!

旦那がまさかのタネナシだった!?不妊原因の約半数は男が原因という事実。第3話

著者のkikk Uさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。