「お腹の子は、無脳児でした。」最終話 ~妊娠498日の約束~

1 / 5 ページ

前話: 「お腹の子は、無脳児でした。」~葛藤と感動に包まれた5日間の記録~



「泣いても、笑っても、この妊娠で最後にする。だめなら、家族三人で明るく生きていこう。」


本意なのかは定かじゃないけど、夫のはんちゃんは心に決めたように言った。


これが最後の妊娠。「今度こそ、無事に生まれてきてほしい。」


「お腹の子どもには、脳がありません」と告げられた七夕の日から、約150日。

街はクリスマスのイルミネーションに、彩りを変えていた。


「ハナ、そうたろうの家にも、サンタさん来てくれるよね?」


ファーストストーリー「お腹の子は、無脳児でした」~葛藤と感動に包まれた5日間の記録~ はこちら


「もちろん。」




妊娠246日目
きっと、逃げたらもっと怖くなる



ドキッ!っとした。


「陽性」。


ピンクの短い線は、滲んでいるのに、どこか誇らしげに見えるから不思議。


赤ちゃんが空に忘れ物を取りに行ってから4か月半。


本当に帰ってきてくれた!


かも、知れない。


そして「また始まる」という、恐怖に似た気持ちがこみ上がってくる。




前回の中絶から、妊娠が怖くなっていた。


でも、逃げたらもっと怖くなることも、わかっていた。


「不安になっても、仕方がない。明るく過ごさなければ、毎日がもったいない。」


と、自分に言い聞かせる。




約二週間後。ついに産婦人科で健診。


「こわいよー、こわいよー」と、


大人げなく不安が口をついてしまう。




初対面の先生は、パラパラとカルテをめくりながら、何度も神妙に頷いた。


「そうか。前回は諦めたんだね。


辛かったね。大変だったね。」


そう言われて、解かれたように、涙がぽろぽろとこぼれた。




エコーで診察。


グッと緊張が増して、体が硬くなる。


モニターにお腹の中が映ると、反射的に顔を背けそうになる。




心臓はあるのか。


命はあるのか。


薄暗いお腹の中を、目を凝らして進む感じ。




「ピコ」


小さな小さなドットが、点滅した。


「生きているよ。」


赤ちゃんからの、サインのようにも思えた。




「うん。心拍あるね。」


柔和な表情で、先生は言った。


ふうーーーーー。


心拍確認ができないパターンを、何度想像したことか。


ホッとしたのもつかの間。


先生の診察がやけに長い。




「ん?


ちょっと待ってよ。」


先生がつぶやいた。


身体中の力が一気に入って、完全パニック。




「右と左の卵巣の大きさが違う」


あなたの人生の物語が書籍やドラマに! カタリエ 開催中

みんなの読んで良かった!

他1コメント
STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。