高木教育センターのありふれた日々(11)

1 / 20 ページ

高木教育センターのありふれた日々(11)

第百一章「人生を伸ばす方法はある」

第百二章「学校の、『愛』ある虐待」

第百三章「ハイパー・スーパー・ウルトラ塾講師」

第百四章「古典的集客術」

第百五章「Mくんちの、不味いインスタント・ラーメン」

第百六章 「医者がエリートと思っていますか?」

第百七章 「トリプル・スリーで爆買して安心して、吐いてます?」

第百八章 「リケジョのタイムマシーン」

第百九章 「Love is blind.  ラブ イズ ブラインド」

第百十章 「高学歴男子に"頭が弱そう"と思われる禁句ワード」

 

 

 

第百一章

「人生を伸ばす方法はある」

  私も初孫が生まれてオジイサンになってしまった。中学生や高校生の受験指導をしていると中学や高校での経験を生徒に話してやることも必要なので、思い出すことも多い。

  人間は思い出したくないような黒い歴史は自然に封印してしまうのかもしれない。イヤな思い出は自然に記憶から削除されてしまうようだ。もしかしたら、私だけかもしれないが。

  逆に、楽しい思い出は長く心に残りすぐに思い出せる。

  つまり、楽しい思い出の数がその人の人生になる。だから、私はできるだけ冬かいな人は避ける。マナーのなってない人、非常識な人、時間を守れない人。そういう人がいたら、すぐ逃げる。人生がムダになるからだ。

 棺おけに入る時に走馬灯のように人生を振り返るとき、良い思い出だけが再現されると思う。良い人との出会いが多いほど、良い人生になる。ろくでもない人と出合った思い出は消えてなくなるとしたら、それだけ人生を短くさせられたということだ。

みんなの読んで良かった!