歩けない猫「どん」との出逢いから別れまで-2-

1 / 2 ページ

前編: 歩けない猫「どん」との出逢いから別れまで-1-

病気を抱える猫


「下半身麻痺」という彼の障害は当然のごとく、多くの病気を引き起こしやすかった。

うちに来てからも、定期的に病院通いをする生活。

寝たきり?なので床ズレはもちろんの事・・・膀胱炎に腎臓の弊害etc・・・。

入退院を幾度となく繰り返し、その度にK先生に手術・治療を施してもらって、元気を取り戻す「ドン」。

先生曰く
「ドンちゃんは、内蔵系が異常に強いんだよね~」

おかげで、いろんな病気を併発?しても、手術後、比較的早く元気になったり・・・。

抜群の生命力(回復力)を持っていた。

そんな生活が2年近く続いていた・・・。

最近では、もうすっかり病院へ行くのがイヤになっていた「ドン」・・・。


その気配を察すると「ニャーニャー(行きたくないよ~)」と訴える・・・。


あまりに病院をイヤがる「ドン」がかわいそうで、最近では連れていく前に、先生に症状を話し・・・

「ではこれを・・・」

・・・と、お薬のみを処方してもらう事も多かった。それで回復に向かうことも多かったから。



 
6.2匹の猫の因果関係?




少し食欲がなくなった「ドン」。
ちょっと下痢気味だったので、いつものようにお薬を出してもらって
飲ませると、少し落ち着いたので私は安心していた。


ほぼ同じ頃、同棲中の弟達が飼っている猫「ラヴィ」の体調がおかしかった。


全然食欲がなく、いつもは知らない人を見るとすぐに威嚇する弱虫猫?なのに、それもしない。
まだまだ遊び盛りの「1歳」なのに、一日中ずっと寝てばっかり・・・。


そんな事は初めてだというので、「一度病院へ行ったら?」と
K先生を紹介し、検査してもらうことになった。


点滴しても、なかなか状況が良くならない。
胃が異常なくらいに荒れているという事実以外、これといって
ハッキリとした原因がわからない。


先生も
「こんなケースは初めてですよ・・・」
とかなり怪訝な顔をしていたそう。


検査で飲んだバリウムがなかなか出てこないのでこれはおかしい!
極めて危険な状態?とのことですぐに入院し、
「原因がわからないまま回復しないので、お腹開けてみようと思うんです・・・。もしかしたら、何か詰まっているのかもしれないですから・・・」


急遽ラヴィが手術?することになってしまった!


そんなに悪かったのか・・・・。とかなり悲痛な思いでいたけど
手術日、いざ麻酔を・・・という時になって、直前にちゃんと「便」も出てくれ、何かが詰まっている可能性がなくなったので、手術は中止に・・・。


その後、まるで今まで一体なんだったのか??という程 元気になり、退院し・・・。
いつもの怒りん坊「ラヴィ」に戻っていった・・・(笑)

未だに先生も首をかしげています・・・。


--------------------------------------------------------------------------------


その数日後。

仕事から帰ると、ちょっと「ドン」に元気がなかったような気がしたけど
こちらからの呼びかけにはちゃんと答えるし、
この程度の体調不良は よくあったので・・・


「まぁ・・・いつもの事かなぁ・・・」

と、さほど、気にせずにいた・・・。

でも、その翌朝。
明らかに昨日よりも元気のない様子の「ドン」・・・。

病院連れて行かなきゃ!!

とっさに思ったけど、今日は病院の休診日。
明日 連れていくしかない・・・

心配しながらも、仕方なく仕事に出て・・・。


会社から帰ると・・・。

「ドン」は、すっかり憔悴しきった様子!!


檻から出してあげてみても、グッタリして力がない!

休診日だったけど、もし先生が居たら診てもらおうと・・・
すぐに病院へ行ってみる。

ラッキーな事に先生は在宅で、状況を説明すると

「すぐに連れて来て下さい」

先生なら、きっとそう言ってくれると思ってました!(心の声♪)

すぐに「どん」を迎えに行き、病院へ!!
 


尿毒症!?




休診日にも関わらず、「どん」の診察に快く応じてくれた先生。
奥様もエプロンをして、一緒に処置にあたって下さった・・・。
(本当に、ありがとうございました・・・)

ちょっと様子を見てすぐに・・・

「尿毒症の兆候が見られますね・・・すぐに点滴と、検査をしてみますので待合室で待っていて下さい・・・」


1時間近く、待っただろうか・・・。


ちょっと恐い表情で出てきた先生が検査結果の紙を出し・・・


「お待たせしました・・・・
この数値が、異常なんですよね。。。
普通だと20台の数値なんですけど・・・
ほら、ここのところ・・・140以上になってるでしょう?


詳しくはもっと、きちんとした検査をしてみないと
何とも言えないですが・・・


今は、点滴で落ち着いています。
とりあえず、今夜一晩、お預かりして
明日、精密検査で調べてみようと思いますので・・・」

先生の説明を聞いた後、
入院承諾書にサインをして家に帰った。


心配はしていたけど、これまでにも何度か・・・
似たような状況は経験していた。

先生に任せてさえいれば、きっといつものように
元気な「どん」に戻ってくれると信じていた。

この時は・・・。




 

突然のできごと


翌朝・・・。

プルルルル・・・

1本の電話がなった。

こんな時間に・・・

ま、まさかっ!!

私の悪い予感的中で・・・
それは「K先生」からだった・・・。



「朝、早くから、スミマセン・・・。


実は、朝になって容態が急変しまして・・・
けいれん がはじまっちゃったんです・・・

今 すぐに来てもらえないでしょうか・・・」

「けいれん」という言葉を聞いたその瞬間に、
今後 起こるかもしれない事態を悟った。




 
7  別れの涙




この時は、まだ実感が沸かず・・・
この「事実」をしっかりと把握できないままでいた。


「ドン」をお迎えに行くと、すでに病院の女性スタッフが
出勤して、彼のお世話をしている最中だった・・・。


少したって、ドライヤーの音が止まった。


「中へどうぞ・・・」


通された診察室・・・。


シャンプーされてフサフサの毛。
かわいらしいバスタオルにくるまれ・・・


穏やかな顔の彼が横たわっていた。
そっと触ってみると、まだ暖かかった。


「ニャーン」
そう言って、起きてくるような気がした。


「ドン?ドン!!」

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。