命の窓。 帝王切開は命の窓から出てくると言われた話。そこに至るまで大爆笑されてしまう私の体験談。

1 / 3 ページ

前編: 初めての唾液過多つわりの妊婦生活。

  陣痛15時間目・・・

深夜1時に破水してから、時刻はもう夕方4時になろうとしていました。



  つわりがひどくて、仕事をつわりの初期の段階で辞めており、点滴通院、実家に戻り、安定期を過ぎても唾液過多つわりで、泡のような唾液を、ペットボトルに吐き出しながらの毎日を過ごし、お腹は臨月で双子でもはいっているのか?というくらいに大きくなってました。


 逆子も治っていたのに、子宮口が1センチのまま陣痛は進み、15時間を過ぎても子宮口は1センチのままでした。

  おじいちゃん院長先生は、言いました。


 「旋回もしているが、子宮口が開かないし、心音も下がってきて危ない。帝王切開します!」


  私は生まれて32年間、入院もしたことがないし、ましてや手術をしたこともない。

 初めての出産で、里帰り出産をしたかったのですが、実家は福島県の某村で、NHK で連日報道されて世界的に名前だけ有名になってしまった放射能の強い場所。

  仮住まいのところから、産院へという方法も考えたけど主人が心配して、関東での出産になりました。


 そして、主人の実家も都心をまたいで隣。

 主人は、駆けつけてくれて、陣痛中、励ましてくれましたが、子宮がギューっって縮まる痛みは、臓器が縮むのはこんなに痛いものかと呼吸を忘れるくらい痛かったのです。


 そして、さがってきても、私の子宮口は全く開かないもので、赤ちゃんもとても苦しいのです。呼吸法も最初だけで、後半は痛くて悶えていたので酸素マスクをつけられ、体力がなくなったら点滴をつけられて

「さあ!頑張って!」という助産師さんに励まされて。


 どこまで頑張れば終わるんだ?!痛いんだよ!もう腹を切ってくれ!っと叫びまくって主人をひっぱたいてました。主人は、なにも悪く無かったけど・・・。


  帝王切開になってから、2分間隔の陣痛の中で

「手術の手続き、これ書いてね」と

バインダーに挟んだ紙を渡され

 「いだだだた!」陣痛の痛みの中、ミミズがはったような字で、サインをし、尿管カテーテルをいれ、そしてストレッチャー移動かと思いきや


 「はい、陣痛のやんだときに、歩いて!」と手術室まで歩かせられました。


 3歩歩いていだだだた!

また歩いていだだだた!

 やっと手術台へ寝たら素っ裸にされました。

衝撃でした。そして腰に麻酔を打つと

痛みがなくなりました。


  と、同時にオペ着というか、上に布がかぶさり、ライトがつき、手術が始まりました。

 全身麻酔ではないので、ハッキリと下半身の感覚があり、グニョグニョされていると気持ち悪くなって血の気がひいてしまいました。


 「すみません、誰か手を握ってて貰えませんか?」


そう言って看護師さんに手を握っていて貰いました。と、同時に院長先生の暴言が。

みんなの読んで良かった!