〜ここまでの半生を振り返って〜 親の離婚編

前編: 〜ここまでの半生を振り返って〜 追憶編
後編: 〜ここまでの半生を振り返って〜 小学生時代 低学年編
僕は母親がいない。 
5歳の時に母親と父親が喧嘩をした。
その頃の僕は幼稚園の遠足の前で、ワクワクしながら1日を迎えようとしてたのに…
母親と父親の喧嘩、弟はそれを見てて泣いてた。
まだ赤ん坊だった妹は泣き喚き、母親はうるさかったのか妹をクローゼットに閉じ込めた。
僕は隙を見て妹を救出して、弟を落ち着かせて僕は叫んだ。

「もう止めろー!」

何度も叫んだ。
幼い僕は懸命に叫んだけど何もない。
何も変化はない。
親にとって僕はなんだろう、ただわかってるのは目の前の光景が変で辛くて、もう忘れたいと思ったことだ。
幼い頃の僕はそう思っていたんじゃないかなと思う。
その後、僕と弟は気づいたら父親の実家にいた。

その後の事はよく覚えていないんですが、保育園ではそこそこうまくやれてたような気がしました。
まだ保育園時代の頃が良かったのかもしれない。
小学生時代から僕の人間関係に変化があったのかもしれない。

続きのストーリーはこちら!

〜ここまでの半生を振り返って〜 小学生時代 低学年編

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。