わたしの人生を素敵なものにしてくれた、それは父の「雷」と1冊の本。

1 / 3 ページ

両親が38歳のときに生まれた私。


「勉強しろ」と言われたことは一切なく、

自分に非があること以外で怒られたこともない。

何事も自分で考えて決断できる人生を歩ませてくれた。


遅く生まれた子どもだから甘やかされたのかといえばそうでもなく、

食べ物の好き嫌いには厳しかったし、

サンタさんがプレゼントをくれるという文化は無かったし、

高校の合格祝いに携帯電話を買ってくれたはいいものの、

「料金は自分で払え」という世の中の世知辛さを教えてくれたりもした。



そんな両親も還暦をすぎ、帰省すると「肩が上がらない」だの「血圧が高い」だの、どこかしら身体の不調を訴えてくるようになった。


年々小さくなっていく両親の背中を見て、
1番「ありがとう」を伝えなければいけないことはなんだろうと考えてみると、たくさん絵本を与えてくれたことだと思う。






共働きだった両親流の子育て方法


先述のとおり、勉強を強要する親ではなかったのだが、
共働きということもあり、兄とわたし、二人の子どもの面倒を見ることが難しかった両親は


子どもを夢中にさせる娯楽 ⇒ 絵本


ということで、幼少期の頃からたくさんの絵本を読ませてくれた。


絵本に夢中になっている間は静かなので、
仕事と家庭の両立に欠かせないものだったという。


絵本を読むことは、公園や遊園地に遊びに行くのと同じようなもので、
知らない世界、楽しい世界に飛んでいける物語にどんどんのめり込んでいった。


保育園で母の迎えを待つ間も、黙々と絵本を読んで待っていた。


仕事を終えてから迎えに来るので、母が来るのは大体1番最後。
保育園の先生を独り占めできる貴重な時間だったのだけれども、

自分のために一緒に待っていてくれる先生に、

子どもながらに「迷惑をかけてはいけない」という思いがあって、うまく甘えることができなかった。



家でも保育園でも、とにかく本ばかり読むようになったわたしには、

忘れられない特別な本がある。

みんなの読んで良かった!