Bride of Japan2015 大会本番への思い 土屋有里紗

1 / 2 ページ

去る12月3日、多くの方々に支えられ、

Bride of the World Japan2015のコンテストを行うことができました。

この度は、大会直前と当時の心境について、

想いを綴らせていただきたいと思います。


家族・そして支えてくださる方々へ感謝の気持ちを伝えたい。

そして、家族や結婚について向き合いたいという一心でエントリーした5月から、

あっという間に半年が過ぎ、本番当日がやってきました。


会場入りすると私たち1人1人の名前が書かれた席を用意していただけており、

スタッフの方々は慌ただしく会場準備をしてくださっておりました。






普段、人前に出たりステージに立つ経験など皆無なものですから、

なかなか落ち着く事ができずにリハーサルを迎えた事をハッキリ覚えております。


いざ本番のステージを目の前にし、ここで今までの想いを表現するのだと思うと、

リハーサル中は緊張しっぱなし。


笑おうと思うのに、顔の筋肉が痙攣して全く笑えず。

本番もこんな調子だったらどうしよう…

と不安ばかりが募っておりました。




色打掛からウェディングドレスまでの早着替えも行い、

あれよあれよと言う間に気付けばリハーサルが終わっておりました。





本番直前準備では、

島田ちあきメイクアップアカデミーの皆様にヘアメイクをしてもらったのですが、

私を担当してくださった方はとても優しく、

この日が初めてお会いするにもかかわらず、

昔から知っていたような?

なんだかお姉ちゃんのように包み込む暖かさを持っている方でした。


本番前も本番中の控え室でも、常に寄り添っていただき、すごく心強かったです。


ヘアメイクの方は髪型とメイクを仕上げるだけだと思っていた自分が恥ずかしいです。

ビックリするほど、見た目の仕上げだけでなく心のケアまでしていただきました。




そして、準備を終えていよいよ本番。


不思議なことに、いざ本番を目の前にしたら緊張は全くなく、ワクワク、とても興奮しておりました。

コンテストだから魅せなきゃ!というより、みんなで素敵なステージを創りたい!

なんだかそんな気持ちに胸高まってました♪


いざステージに出てみると、予想もできない程いっぱいのお客様がいて、

その中に家族と友人の笑顔をすぐに見つける事ができ、自然と笑顔になってました。




リハーサルの時には想像もつかないほど活気ある空間。

今までの人生の中で、こんなに注目された事なんてありませんでした。



コンテストの参加を後押ししてくれたのは家族の存在がすごく大きくて、

特に母への想いは言葉で表すには事足りないと感じていた最中、

ファイナリストとして選んでいただき、本番を迎える事ができた訳ですが…




質疑応答では、外務省平和機構対外発信特別大使である山中燁子さんから

『尊敬する人は誰ですか?またその理由はなぜですか?』


というご質問をいただき、当に私が話したかった事を聞いていただけたことに、

内心ビックリすると共にガッツポーズ。「キター」って思いました。


こんなチャンスがあって良いのだろうか?

あまりに恵まれすぎています。


しかし、本当に本当に、そのチャンスがとても有難かったです。




もちろん、私の答えは"母"です。


迷いなし!これを伝える為にコンテストに参加させてもらった。

だから、私だけに注目が集まっている質疑応答の時間にも関わらず、

ステージの上でも全く動じる事なく、むしろ楽しくてhappyで仕方ありませんでした。


それどころか、「こんなに恵まれてて良いのかな?」と不安になる程。




回答中、山中燁子さんの眼を見た時の笑顔は今でも私の脳裏にしっかり焼き付いており、

思い出すだけでも今だに心が高ぶります。







コンテストが終わってから


見に来てくれた友人に

「質疑応答の内容は事前に決まってたんでしょ?」

と聞かれる事があるのですが、私達はステージに立つまで全く何も分かりませんでした。


ぶっつけ本番、ノーヒント。


けれど、仲のよい友人だからこそ、

山中さんからの質問が私にとって待ち望んでいたものだと分かるから、、、

仕組まれていたのでは無いか…?

と思ってしまう程だったんです。



著者のBride of the World Japanさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。