障がいがある私と、仕事の話 3

1 / 2 ページ

前編: 障がいがある私と、仕事の話 2

小・中・高・大学と、友達にはとても恵まれていたと思う。

私がからかわれたら、私の代わりに相手をボッコボコにしてくれる友達がいたし

何より、みんな私に気を遣わずに接してくれた。



時代は進んで、障がい者雇用の現場での話を。


私が異動になったのは、2009年1月だった。

会社が特例子会社を創って、そこで雇用した人にプログラムの案件やってもらうから

私はその人たちにレクチャーして、案件のお客様窓口をするという位置づけだった。




特例子会社には、いろんな障がいがある人がいた。

知的障がい、身体障がい、精神障がい、みんな個性豊かで優しくて、

私はすぐに皆のことが大好きになった。



障がい者だから、できない。

障がい者だから、できないのはしょうがない。



仕事で周りの人からうちの社員がそう思われるのが嫌で、私はみんなにめちゃくちゃ厳しかったと思う。

特に挨拶。

挨拶できない大人なんてたくさんいるけど、なぜか障がい者だと、

「障がい者だもんね、挨拶できなくてもしょうがないよね」って言われる。


関係ないでしょ。


でもそれが現実だったし、彼らには絶対そんなこと言わせない!と思ってやってた。

いつもカリカリしてたし、怒ってたし、不機嫌だったし。

そんな自分が嫌いだったからみんなはもっと私のこと嫌いだったんじゃないかな。



なんの話からそうなったのかは忘れたけど、お昼休みに何人かと話をした。

脳性まひで車いすを使っている社員、軽度の知的障がいの社員と私、5人くらいで話してたと思う。

そのときに私は聞いた。

「ねーねー、私ってさ、いっつも怒ってばっかで、ぷりぷりしてて、みんなはむかついたり

会社きたくないって思ったことないのですか?

車いすだと、台風の日とか電車混んでる日とか来るの大変だと思うんですけど。」


そしたら、「え、全然。俺らなんとも思ってないですよ。」と言われた。

手動の車いすを使っている社員が言った。

みんなの読んで良かった!