私の金持ち父さんの話

3 / 3 ページ






金持ち父さんからの教えはこれが最後となりました。



金持ち父さんは私が留学へ行った2ヶ月後・・・



61歳という若さで亡くなりました。



肺炎による急死でした。



私は留学先で連絡を受け、その事を知りました。



最後の会食ではいつも通りの元気そうな姿だったので



まさかと思い、理解に苦しみ・・・



同時に涙が溢れました。













私は後悔をしました。。。



考えてみたら金持ち父さんにはいつも与えていただくばかりで



何か恩返しができたのかといったら、何一つできませんでした。









たくさんのことを学ばせてもらったのに・・・と、



悔いが残って仕方なかったのですが



こんな時こそ金持ち父さんからの教えを生かさなければ



と、思いました。







辛くても笑顔でいること・・・



どんなときも前向きで・・・



すべてを学びとすること・・・





私はこの金持ち父さんの死から



人生とはいつ、どこで、何が起きるか分からない



なので、


もしかしたらもうこの人と会えないかもしれない・・・



ぐらいの気持ちで、これから人と接していこうと心に決めました。






なぜなら、私がもう金持ち父さんと会うことができなかったからです。










私の考え方は金持ち父さんのおかげで大きく変わりました。



本当に感謝の気持ちでいっぱいです。







きっと・・・


いつもどこかで見守っていてくれる気がするので



私はこれからも金持ち父さんからいただいたこの教えを
守り続けたいと思います。



著者のNarumi Yasueさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。