私の金持ち父さんの話

1 / 3 ページ



いつか、どこかで・・・


この話をしたいと思っていました。


ぜひ最後までご覧下さい。











私は2014年の3月に大学を卒業し、卒業後から2015年の3月まで留学へ行っていました。



大学時代、私は地元の少し高級な日本料理店で働いていました。



4年間そのお店で接客業をやっていたのですが



この4年間、私は普段の生活の中では



お会いできないような方と知り合うことができ、また人脈を築くことができました。



そのお店のお客さんの多くが会社・企業の上層の方であったり



身なりからしてとても上品な方が多く、素晴らしい客層でした。











=====金持ち父さんの教え======





私はとある企業の副社長さんとそのお店で出会いました。



その方は月に数回お店を訪れ、お昼時はふらっと一人で来たり



夜は会社の接待や宴会等でお店を使ってくれました。



大学時代の私は、大好きな海外旅行へ行くために



大学の授業後毎日のようにバイトをしていました。



ある日、その方が来店され、たまたま私が料理を運ぶことがありました。



よく働いていますね


と、話しかけて下さり



それから私はその方と気楽にお話できるような仲となりました。











その方は後に私の『金持ち父さん』となるのです。



その方はちょうどその頃、還暦を迎えられました。



人生は本当に早いものだからね、



休憩なんてしてたらだめなんですよ。



と、よく私に言い聞かせました。



いつもニコニコと楽しそうにお話をされるので、私も自然と笑みがこぼれました。



金持ち父さんにお会いすると必ず



最近はどうですか?



と尋ねられました。



私は近況報告をし、またその頃というのが



大学3・4年生だったので将来について抱いていた



大きな不安・漠然とした将来像を



周りはみんな就職活動を・・・
#!&%$!$&?%#!ア%・・・
やりたいことはあるんですけど・・・
$%’&”!$’%#!”$&(&$”・・・



こんなかんじに、それはもうベラベラと話していました。



金持ち父さんは、私の話をいつも笑顔で




うんうん、そうかい^^



と、真剣に聞いてくれました。



そして私が、不安なことや悩みを告白すると




大丈夫ですよ、
もっと簡単に考えてみて下さい




とはじめ、私の考えでは出てこないようなありとあらゆる知識・解決策を与えてくれました。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。