自分の目の前が見えなかった時の話

・大学に入学したとき

まずは、大学受験の失敗から笑

高校はそこそこの進学校(笑)だった自分。

大学も自分の将来の夢の踏み台にしか考えていなかった。

合格するだろと模試の結果から上を目指すでもなく大丈夫だと思って

センター試験に臨んで、国語に見事にずっこけた。

まあ、当然の報いといえば報い笑

それでもあきらめきれず玉砕覚悟で前期に臨み

会えなく玉砕。

あの時の記憶は今でも忘れない。自分の番号が何度見てもなかったんだから笑

それから仕方なく後期の受験。自分の志望校からだいぶ下がり

浪人も真剣に考えた。

でも、にげた

もう受験はしたくないと思って。

それに、家の関係でどうやっても私立にはいけないしそもそも

浪人に耐えられる家ではなかった。

バイトしながらの浪人なんてまっぴらだったし。

結果、後期は合格しどうにか国立に入学できた。

入学したはいいが、まったく自分の将来の夢からは遠ざかり

どうするべきかもわからなくなった。

中学の時からの夢がはたと消えたから。

とりあえず、サークルにはたくさん入ってやった笑

怖かったから。少しでも人と関わって安心するがために。

そんなある日、友人とほかの人の立ち話を聞いていた。

友人はもうインターンシップに行くとのことだった。

その話を聞いて、

ちょっと学外を見に行きたくなった。

サークルとバイト、勉強に大学生活を費やしていても

夢が全く見つからなかったから。

いつまでたっても夢の喪失を引きずっていたから。

いい機会だしということで、説明を聞いた。

夏休みに行うインターンシップということで、

どうせサークルとバイト以外ないしと思い

それにそれは、自分の夢破れた職業についてのインターンだったから。

だから、どうせなら行ってやれ!と思った

参加先を決め、参加する先について調べていくと

驚くべきことが分かった。

自分の敗れたと思った職業についているひとは

案外大学が関係無いのだと。

自分でもまだいけるんじゃないかと。

そして同時に、夢はあるけど調べようとしていなかった自分に気が付いた。

これはだめだと思い真剣に、ほんとに久しぶりに真剣に調べた。

そして、自分でも行けるんだとかんじた。

まだ夢は破れていなかった

だから、中学のころからの夢である

政治家になる夢を今は追いかけている。

あの時、政治家をまじかで見る議員インターンをしなかったら

サークルに身をうずめていたんだろうなと思いながら

夢破れてぼけーとしていたんだろうなと思う。

自分は夢を再確認できた。

みんな、自分みたいな夢を持っているわけではないと思うけど

インターンには夢が隠れてると思う。

夢破れたあなた

夢がないあなた

あなたはどしますか?

著者の山内 康史さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。