第百六十七章 私は感情になど興味はないby湯川(7)

1 / 2 ページ

第百六十七章

「私は感情になど興味はないby 湯川」(7)

  私は未熟で動物的な反応である感情などに興味はない。しかし、感情が不必要だとは思っていない。

  たとえば、Z会の添削を8年間やって徹底的に研究してみた。その欠点は

1、添削者が毎回異なり、担当医という感じがしない。

2、従って、最も尋ねたい「なぜ減点されたのか」を知ることができない。

  ことが挙げられる。

  そこで、私は「通信添削コース」を始める時に「無制限」に質問できることにした。

  I’m not interested in emotions which people have.  But I don’t say they are useless.  I used Zkai for 8 years and checked thesystem.  The weak point is

1, Every time different checkers

2, It is impossible to askquestions.

 That’s why I give the service to ask as many questions as mycorrespondent course students like.

 

京都大学の受験票と成績開示クリックで拡大されます。  ↓

高木教育センター イン ニューヨークhttps://youtu.be/sCCEGYlgp20

 

 通塾生の方の家庭学習中の質問も無制限にしてある。すると、遠慮する子もいるわけです。しかし、私の数学や英語にかける情熱や愛が理解できる子は

「この先生は本気でどこまででも教えてくれる」

 と文字通り無制限で質問メールや写メを送ってくる。これは、共感というヤツだ。同じ種類の人間だと感知すると

「私なら正しい質問なら歓迎する」

 と感じられる。そうであるならば、

「この先生は本気だ」

 と分かる。これは、論理ではなく感情の力だ。

  Regularclass students also can ask questions any time they like from home using mailsand 写メ.  Some students are shy toask but enthusiastic students don’t hesitate to ask because they trust me.

“This person is serious enoughto answer our expectations.”

  It is not logical but a little bitemotional.

 


1、「京大二次」英作文の採点基準(ネット添削可)。

(3000回以上再生)https://youtu.be/M6LFIjXhwVM

 

  ただし、共感は感情の中でも泣いたり喚いたりする原始的なものとは一線を画する。私はコントロールされた秩序のある感情まで否定するつもりはない。人は偉人と呼ばれる人の生き方に感動し、共感し、生きる力をもらう。

 I don’t intend to deny the controlled emotions.  They could be helpful to encourage us tostudy.

     勉強のできる子は、この共感力にすぐれた子が多い。勉強のできない子は、

「この問題を教えてください」

  と、誰も解けないような問題を平気で質問してくる。正直、

「キミはこれをやる必要はない。もっと基本問題をやりなさい」

  と言うべき場面。賢い子は、私の反応を見て

「これは捨ててもいい問題だ」

  と察してくれる。

  ところが、勉強ができない子はバカにされるのをとても恐れていて

「やらなくてもいい」

  と言うと、馬鹿にされたと誤解してスネたり、保護者に言いつけたり、怒ったり、まことに扱いづらいのだ。

  Smart students askme a question saying

“I cannot understand this part of answer sheets.”

  On the other hand, bad students say

“Would you explain how to solve this problem?”

  Pointing the most difficultproblem even the smartest student cannot solve.

  Naturally teachers should say

“This is too difficult for you to solve.”

  However we cannot because his orher parents might blame us later.

 

2、 「こうやって、京大数学が7割解けるようになりました」

(2万回以上再生)https://youtu.be/kQ-mlEj2DXA   

 

  下らぬプライドや怒りといった感情に配慮していたら勉強が進まないし、得点力も上がらない。つまり、落ちる。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。