会社員だった私が突然会社を辞めて、ただゴルフがしたい一心で渡米してプロゴルファーを目指した話 ④ 婚約破棄(笑)

1 / 2 ページ

前編: 会社員だった私が突然会社を辞めて、ただゴルフがしたい一心で渡米してプロゴルファーを目指している話 ③ キッカケ
後編: (前略)ただゴルフがしたい一心で渡米してプロゴルファーを目指した話 ⑤ 最初の1ヶ月

実は2年間の予定だった

2013年1月の渡米当時、お付き合いしていた彼氏がいました。彼とは高校の同級生でしたが、私が社会人、彼が医学生5年生の頃に付き合い始めました。

もともとお互いの性格を知っていると思っていて、気兼ねのない付き合いを始めたつもりでした。

15歳で初めて会った時の私達と、23歳になって成長した私達では、付き合ってからこんなんだったっけ、と相違点に気づくことも沢山ありました。

それでもとまどいながらも、些細なことは笑って乗り越えられていました。


私が人生を変える決意をするまでは。


私が 会社を辞めてアメリカに行く、しかもプロゴルファーを目指すと宣言したのは、彼にとってまさに晴天の霹靂だったと思います。


自分にとっても唐突な変化だったので、彼が驚くのも当然です。

会社を辞めたいなーと思っていた所に、アメリカゴルフ留学の縁があって、もう人生変えるなら今しかない!と思ったのです。


でも同時に、私は彼と結婚して家庭を築きたいと思ってもいました。

でも、アメリカには今行きたい。

ゴルフの全力投球も今したい。

沢山の「でも」を積み重ねて考えあぐねた結果、フラれてもしょうがないな、という覚悟で私は彼に渡米決意の報告をしました。

そう、相談ではなく、報告でした。


彼はその時大変ショックだった様子。

どうしてもアメリカに行かないと行けないのか、日本でその挑戦はできないのか、と引き留められました。

でも私の意思は固まっていました。


彼もまた翌年の4月から二年間、地方の病院に研修医として行くことが決まっていたので、

「自分もやりたいことを優先して東京を離れる」という思いがあったようです。

彼はしぶしぶ、「では二年間遠距離恋愛をした後、結婚しよう」と言ってくれました。素直に嬉しかったです。この時は。オフコース。



かくして私は、アメリカでプロゴルファーになる!という大志を抱きながら、二年間限定の夢の武者修行をスタートしました。


勿論、プロのスポーツ選手になるということは、そんなに甘くはありませんでした。

言語の壁、文化の違い、異国の地で生活することの大変さ… そんなのに慣れるのに一年はあっという間に経ってしまいました。

練習、試合、トレーニングに集中したい一方で、学校、住居探し、自動車購入などの生活基盤を築くのにも数ヶ月かかったし、加えて肘と腰の故障、車の事故も2回やりました(笑)

思うように結果が出なくて、焦ってリズムを崩して、コーチからもよく叱られました。


勿論、楽しいことも沢山ありました。

日本でも学生の試合、アマチュアの試合には出ていましたが、プロとアマチュアが混ざった試合、というのは経験がありませんでした。

出場者の中で日本人が1人、という状況も、勿論初めてでした。

緊張と不安、けどそれを遥かに上回る興奮。

次第に試合仲間も増えて、友達もできてきました。

カリフォルニア内のローカル試合を一通り出た後、6時間ドライブしてアリゾナ州のミニツアーにも行ったし、カナダにも遠征しました。

全米マッドアマチュア選手権(出場資格が25歳以上のアマチュアに限る)に予選通過して、ノースカロライナ州へ行った時には、ツアープロになったらこんな旅を毎週するのか、と夢に胸躍りました。


みんなの読んで良かった!