会社員だった私が突然会社を辞めて、ただゴルフがしたい一心で渡米してプロゴルファーを目指している話 ③ キッカケ

1 / 3 ページ

前編: 会社員だった私が突然会社を辞めて、ただゴルフがしたい一心で渡米して プロゴルファーを目指してる話 ② 願い
後編: 会社員だった私が突然会社を辞めて、ただゴルフがしたい一心で渡米してプロゴルファーを目指した話 ④ 婚約破棄(笑)

アメリカに来たかった理由

私がロサンゼルスを選んだ個人的な理由


ちなみに私がなぜカリフォルニアはロサンゼルスに留学したかというと、ご縁があったからに他なりません。



私が社会人として働いていた頃。私が勤めていたのはゴルフ産業とほぼ関係ない会社でした。

「ほぼ」というのは、その会社が日本の女子プロツアーの冠スポンサーで、トーナメントを持っていたからです。

ただ実際の業務とはほぼ無縁だったため、1年に一回のそのトーナメントの時だけ、私はひとりで浮き足立っていました。



しかし、その会社で仲良くなった先輩社員Uさんが、「今度の夏休み、アメリカのティーチングプロの資格を取りに行く」というのです。


USGTFという組織のティーチングライセンスで、アメリカでは5日間でそのライセンスを取得できるプログラムがあるとのこと。


先輩はカリフォルニアでプロゴルファーを目指している知り合いがいて、そこに遊びに行くついでにライセンスを取ってくるとの事でした。


(ちなみに日本にもUSGTF Japanというのがあって、日本でもそのライセンスは取得可能です)


で、そこについて行かせてもらったのがキッカケです。


社会人2年目の夏休み、一週間ロサンゼルスに来ました。3日間の座学とペーパーテスト、2日間実技試験を受けて、ティーチングライセンスを取得したのです。



しかし、そこで知ってしまったカリフォルニアゴルフの魅力。



(これ実際に自分で撮った写真です)



カリフォルニアゴルフの魅力


その1 安い


私は東京のど真ん中に住んでいたので、関東のゴルフ場で育ちました。


平日安くて7,000円、週末は12,000円くらいがいいところ。

週末ちょっと良いゴルフ場へ行こうものなら、2万円3万円はかかります。


それに比べて、ロサンゼルスのゴルフ場は平日$27から。カート付きセルフプレーでも$39とか!!

週末でも$60で余裕…!

高いところは$100以上しますが、それでも日本とは比べ物にならないくらい安い。

みんなの読んで良かった!