アメリカ移住で成功の秘訣、”絶対○○○○○に行くのは、やめなさい”なんてもう言わせない。

1 / 3 ページ


先生
絶対○○○○○へ行くのは、やめたほうがいい。就職できないし、世間はそれほど甘くないぞ。
”必ず成功して見返してやる。”(心中で)

さん、こんにちは!


アメリカに来てから今年で23年目、それでもなんとか

頑張っているマサルです。現在はアメリカ永住組に

なっていますが、これが始まった高校2年のカウンセリング時

の話を紹介します。


実際アメリカに留学生として来て、結局永住できるのか

どうか疑問がある方、またアメリカに移住したい方の

助けになれば最高!

とか思っています。(笑)


”日本で通えるアメリカの大学とは”


90年代初めでは”日本で通えるアメリカの大学”っていうのが

流行っていたのをご存知ですか?


今ではテンプル大学くらいしか残って無いようですが、

当時はこんなアメリカ大学の日本校が何校かあったんです。



テレビでは可愛い女の子が”日本で通えるアメリカの大学”と

元気のいい感じで宣伝していて、日本の大学入れなかったら

ここでも行ってみるか?

と思った方結構いるかと思います。


ESLの先生も英語が本場のネイティブ先生だし、英語が

これで学べるなら、結構いいかもって感じでした。


”アメリカ大学進学?”


僕の場合は父が外資系の会社に勤めていたのとアメリカ

にもよく仕事で来ていたので

(僕が生まれた時もアメリカにいたらしい)、

両親には日本の大学以外にもアメリカの大学も

検討したらと言われました。


そうこういろいろ調べているうちに、アメリカ大学

留学も真剣に考えるようになりました。



でもいきなり高校卒業して英語も対してできるわけ

でもないのに(というか英会話は全くダメ)アメリカで

大学に入るなんてかなりの度胸がいるじゃないですか。


無謀ですよね、完全に。


この時にタイミングがよく”日本で通えるアメリカの大学”

の宣伝を見てしまったので、きっと運がよかったんですね。


で、高校最後の方になると大学カウンセリングみたいの

あるじゃないですか。


どこの大学に行きたいとか(行きたいと合格して行けるか

どうかには天地の差がありますが)、偏差値だとか、

勉強の仕方とか、そしてもうすでに浪人してその後の

プラン(?)とか。



時はもうだいぶ前なのでよく覚えてないですが、

多分高校2年の終わりごろ、当時の英語の先生と大学

カウンセリングがあったんです。


その先生は現在でいうとかなり"Traditional”というか、

”Closed minded”というか、前を見て習えッて感じで、

他の日本人と同じことをしなさいって先生だったんですね。


先生
お前はどの大学へ行きたいんだ?
これこれの大学の受験もするつもりですが、実はアメリカの大学の日本校も視野に入れています。
先生
日本で通えるアメリカの大学か?こういったいい加減な大学より絶対日本の大学へ行ったほうがいい。就職できないし、世間はそれほど甘くないぞ。


実際、当時は”日本で通えるアメリカの大学”というのは文部省

からも検定されてなくて、電車の学割も効かないし、

始まったばっかりで授業料さえ払えばだれでも

入学できるというのが本当だったのだと思います。


ですが、この英語の先生とのカウンセリングの部屋を出るときに、


”アメリカ行って絶対成功して見返してやる”


と心に誓った反面、


”英語の先生なんだからほんの少しでも賛成してくれればいいのに”


と、とても残念だった印象を今でも覚えています。


そして、高校3年で、二人の英語の先生がとても良い

コンビネーションで英語の読みと文法の2クラスを担当に

なってくれて僕の英語力が抜群に上がり、その後の進路を

変えるきっかけになるのでした。


日本の大学だって何校か受験しましたよ。

全部ダメでしたけど。。。(汗)



でもこの結果が今思うと将来を変えて

しまうことになるなんて思ってもいませんでした。

その時はアメリカの大学行って卒業後は日本へ

戻ってどこかへ就職、とりあえず英語ができるように

なっているだろうから就職もOKかな、なんて甘く考えていました。


”日本で通えるアメリカの大学裏話”


”日本で通えるアメリカの大学”に行く生徒達というのは

だいたい3つのグループに別れてました。


1. 日本の大学受験に失敗し(または浪人何年目)、とりあえずどこかの大学に行きたい人

2. 本当に英語を勉強して、その後の留学に備えたい人

3. そして最後にこれらの間にいる人達です。


日本の大学とアメリカの大学の一番の違いというのは

日本の大学は入学試験が難しいですが、入れればその後は

結構簡単(?)に卒業、アメリカの大学は入るのは簡単でも

卒業するのが難しい。


当時はこんな情報が入っていました。(もちろん、現

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。