恋愛コンプレックスがくれたご褒美

1 / 4 ページ

次話: 恋愛コンプレックスがくれたご褒美

序章

4人家族の長男に産まれた。

下には3つ離れた弟。

父は大手広告代理店勤務

母は専業主婦。

自分は生まれつきの病気を2種類、背負って生を受けた。

先天性腸回転異常

自閉症スペクトラムの一種である、アスペルガー症候群。

前者は出生時に即、開腹手術の必要があった。

1977年当時の外科医療技術で同疾患の新生児に対する手術の成功率は約五割。

後者の発達障害は、2014年、37歳の時に自らIQ測定試験による判定に臨んだことで明らかになった。

重い先天性の病気を持ち生まれ、助かった長男

ということで自然発生的に生じた

両親の深い愛情が

僕の人生において

ポジティブというより

ネガティブに作用した。

東大進学者数におき国内で圧倒数を誇る開成出身の父と

一応、六大学出身で

非常に上昇志向に傾倒しやすい性格の母

そんな家庭環境は

当然、教育に対する意識が高く

それは結果的に、僕に対する過干渉

という形で、家庭におき典型的な共依存関係を形成した。

出生時に外科医に救われたという事象で

両親には僕を医師に育て上げる願いがあった。

それは願いから、野望に変わり、果ては欲望に昇華していった、ということになる。

小学三年生から、中学受験のための塾に通わされた。

最初にどのくらいの期待値を両親が見通していたか

未だに謎のままなのだが

幸か不幸か、僕はすこぶる成績が優秀だった。

今思えば、間違いなく

アスペルガーのサヴァン的性質のせいだ。

大手の難関中学受験塾で

僕の叩き出すハイスコアに、誰よりまず

母親が狂喜乱舞した。

狂喜はすぐに狂気に替わり、暴走を始めた。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。