あの頃、ビアハウス:アウフ・ビーダゼン(Auf Wiederséh´n)

前話: あの頃、ビアハウス:Bye Bye blackbird

http://www.geocities.jp/spacesis_pt/homepagepictures/pictures/icon/onpu.gifAufWiederseh'n,Auf Wiederseh'n,      
 bleibnicht so lange fort
  denn ohne dich ist's halb so scho:n,
  darauf hast du mein Wort.
   Auf Wiederseh'n,Auf Wiederseh'n,
   das eine glaube mir,
   nachher wird es nochmal so scho:n,

    das Wiederseh'nmit dir.

 「アウフ・ヴィーダーゼン」とは、日本語の「さよなら」という意味である。

梅田アサヒビアハウスは6時から9時半までの営業時間内で、3度の30分のステージがある、8時半が最終ステージ。その最後のステージで先輩の歌姫、宝木嬢とデュオで必ず歌ったのがこの曲だ。

アサヒに数あるドイツ音楽の中でも、わたしはこれがとびきり好きだ。ビアホールで見知らぬもの同士が、いつのまに肩たたきあい、ジョッキをぶつけあって乾杯し、あるいは大きな5リットルジョッキの
回しのみに参加して、陽気に騒いで、最後にこのしんみりした「アウフ・ヴィーダーゼン」で客のそれぞれが帰路につくのです。

「Auf Wiederséh´n」と歌い始めると、常連のだった、今は亡き土佐氏が必ずや客席から「アウフ・ヴィーーダーーゼーーン~」と合いの手を入れてくれるのだった。最後の歌「dasWiederseh´n mit dir」はゆっくりと盛り上げ
てナレーションで締めくくる。

「みなさま、本日は当店アサヒ・ビアハウスにお越しくださいまして、ありがとうございました。本日のステージはこれにて終わらせていただきます。みなさまのまたのお越しを心よりお待ち申し上げております。アウフ・ヴィーダーゼン!またお会いしましょう!」 

この語りで一日のステージが終わるのであった。

Auf Wiederséh´nは、英語ですが、こちらで聴くことができます。興味あらばどうぞ。
https://www.youtube.com/watch?v=8WsuLH4sulA

著者のSodebayashi Costa Santos Yukoさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。