「私は何かになりたいのではなく、一度ちゃんと自分になりたい」 自分自身と再会するまでの話1⃣

1 / 4 ページ

28歳の9月末。

新卒で入社して6年半勤めた会社を辞めた。

とっても素敵な先輩や同期に恵まれて、たくさんチャレンジさせてもらえる環境だったけど。


ある時から、自分の人生を自分の力で生きてみたくて

その声に従うことにした。


辞めた翌日、ハワイに向かった。

まだぼんやりしている「やりたいかもしれないこと」を形にするために。

忙しすぎた自分を、もっとシンプルにするために。


そこで見てきたもの。考えたこと。ぶつかった壁。

自分を知ったこと。


ハワイでの自分との対話や出会いを通して

私は自分のやりたいことを持って帰ってくることができた。


だけど。

光が見えるまではすっごく痛かったし、怖かった。


自分の人生を生き出す時は、

同時に痛みも怖さも伴う。


それでも決めた以上、自分の情けなさと向き合って

進んでいかなくちゃならない。


そんな風にもがいてもがいて、

それでも自分を見付けて、帰ってこれた話。


目標に向かってスタートできている今、

そのことをまとめていってみたいと思います。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【出発の日】

2015/10/3


前日までいつものようにバタバタと仕事をし、

最後まで気がかりなものを残したまま

レイアウト変更でざわついたオフィスで仕事を終えた。




みんなの読んで良かった!