アリゾナの空は青かった(3)「North 2nd Avenue 927」

前話: アリゾナの空は青かった(2)ツーソンに降り立つ
次話: アリゾナの空は青かった(3)まだ、North 2nd Ave.927

 

「やぁ、ひさしぶり。」と空港で再会したロブに、
「今、3人でハウスシェアリングやってるんだけどね、一部屋空いてるよ。うちへ来ない?」と持ちかけられたわたしは、一も二もなく「もちろんそっちへ行く!」と即答。

 
*ハウスシェアリング⇒一軒の普通の借家に家族でないもの同士が数人で住むこと。

まだあちこちで、「男子寮、女子寮のひと~」と叫んでいる迎えの学生に、
「あの、すみません、寮の予約をしてたんですけど、ここでキャンセルしますぅ。」

と、もちろん英語よ(笑)
しょっぱなからドタキャンするこのクソ度胸!

男女混合寮ならいざ知らず、もともと女子寮にはあまり入りたくなかったのである。
しかし、ロブがいるとは言え、彼はいつまた他国へ移動するかわからない風来坊
ではあるし、ハウスシェアの話などツーソンに到着するまで聞かされていなかったのだ。

「大丈夫?」とでも言いたげな迎えの学生を後に、わたしはかつてケンブリッジまで一往復したものの、まだその真っ白さを損なっていないサムソナイトの旅行かばんをズルズルひきずって空港外へ出た。

そして、そこに見たのである。
ロブが手紙で「買った」と自慢していたイギリス人の愛車、中古のフォルクス・ワーゲンを。

当時まだ運転免許など持っていなかったわたし、車のことなど知る由もなかったが、
そのド素人目にも明らかにポンコツとわかる代物であったのだ!

「これ、フォルクス・ワーゲンどころか、あぁた、ボロクソ・ワーゲンだね。」
と、笑い転げる乗客に気を悪くした友ではあるが、とにかく走りました(笑)

ツーソンの市街を走りぬけ、着いたところが、「North Secound Avenue 927番地」
2番街北通りとでも訳しましょうか。
家が通りに面しているものの、玄関ポーチは通りから7、8メートルは入る。
サンフランシスコやN.Yの家々とは少し趣の違った四角で白い大きな一軒家であった。
わたしのツーソン第一日はここから始まったのである。

続きのストーリーはこちら!

アリゾナの空は青かった(3)まだ、North 2nd Ave.927

著者のSodebayashi Costa Santos Yukoさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。