僕がAne会を始めた理由

1 / 5 ページ

僕が人生においてやりたいこと

20歳の時から10数年間思ってきたのが、


「世界から戦争と貧困をなくすこと」これに関しては一切のブレがありません!


他の人が聞いた時にどれだけ滑稽な話しに聞こえたとしても、それだけは譲れない信念です。


だから、自分がビジネスをするとするならば、ここに繋がっていかないと僕は生きる意味がないと思っていました。


ここに繋がっていくことが、自分が創業して、リスクを背負って、お金を掛けて、苦しい思いをしても、ここに繋がっていくことが最低限の条件でした。


だからといって、今すぐに世界から戦争と貧困をなくすビジネスは、残念ながら思いつきません。


その使命を実現するためには、自分には、まだまだ経験量、実力、人脈も足りていないのが現実です。

 

そこに繋がるビジネスは何かと模索しました


戦争と貧困をなくすということには、いきなりはできないかもしれない。
ただ、そこに繋がるものとして、どこからと考えた時に、自分にできることは、


「目の前の人を幸せにすること」


これしか、第一歩はないと思いました。

逆に目の前の人を幸せにできない人間が、世界から戦争や貧困をなくすと言ってもそれは滑稽でしか無い。


だから、身近なところから輪を広げていき、その火種を作ることこそが自分が作るビジネスの第一歩にふさわしいと思った。


それは、表現を変えれば、


「目の前の人を笑顔にし、喜ばせること」


これが私がビジネスをスタートする上での発端です。


東日本大震災と母の笑顔

じゃあ、この目の前の人とは誰か?真っ先に思いついたのは、自分の母親でした。


若干マザコンに聞こえるかもしれないですけど、これは僕の中での非常に強いできごとなので、聞いて下さい。


2年前の東日本大災震災がありました。


このときに私の実家と3月1日に立てたばかりの新築の家が、津波に流されました。

幸いなことに家族の命は助かりましたが、財産を失い、着の身着のままの避難生活を余儀なくされ、今まで築き上げてきたことを、一瞬にして水に流されていきました。


実家からは離れて15年。

みんなの読んで良かった!