ど素人高田支配人の現場改革 第一章 いきなり試練はやってくる

1 / 4 ページ

後編: ど素人 高田支配人の 現場改革 2 飛び込む勇気

                                                                                                


 

~経験も無い、実力もない、地元での人脈も無い状況の中で

 いきなりの店舗責任者に任命された若きサービスマンが

 愚直に現実にぶつかりながら、会社を再建させた実話に基づいた

 物語である。

 

 <登場人物>

 

高田支配人~このシリーズの主人公。アンビシャス入社2年目の新人にして現場の支配人の辞令を受けた。35歳 結婚式場の責任者の経験はまったく無く、営業の経験も無い。ないない尽くしで自信もないまま 指導を受けて一人立ち上がる。

河野俊一~隣町の結婚式場の支配人。同じアンビシャスの社員で、やはり支配人として人材派遣された。高田より1年早く入社して現場に配属されいた。30歳。

後藤部長~ハートロード結婚式場の営業部長。営業部10年目。現場のたたき上げで

     規則を守ることに厳しい。現場の鬼と呼ばれている。32歳

石原バンケットマネージャー~ハートロード結婚式場の創立メンバーで、地元の顧客には顔きき役。親分肌で面倒見もよく、影のボスといわれている。52歳。

白石庄平~地元の生命保険のトレーナーで引退後も後輩の面倒を見ながら研修会に参加している中で高田と出会う。72歳。

大林友子~ハートロード結婚式場の専務婦人。フロントの責任者。

大林育子~ハートロード結婚式場の社長婦人。総務経理の責任者。

森田源蔵~ハートロード結婚式場の双蝶調理長。

内田悟~ハートロード結婚式場営業部課長代理。

竹丘真一郎~地元のお米や経営者だったが、店を閉めて引退していたところ高田に声をかけられて送迎バスの運転手になる。

みんなの読んで良かった!