二十年間住み続けたごみ屋敷。おれはついに対決を決意した。そして。

1 / 6 ページ

歴史と伝統のごみ屋敷


残念ながら我が家はごみ屋敷の部類に入る。

ドアを開けたらゴミ袋が天井までぎっしり、というような超絶ごみ屋敷ではないが、やはりごみ屋敷。

もちろん捨ててはいる。だが放置しているものも沢山ある。本やら衣類やら。要するに片付いていない。


片付けが下手くそだ。とにかくめんどくさい。

そして掃除は嫌いだ。まったく手を付けない。

それに輪をかけて、母親も片付けや掃除がダメダメだ(笑)


そのダメダメな家族が住み続けていつの間にか二十年。


部屋はわけの分からない大量の何かがうず高く積み上がり、寝る場所を除けば細いけもの道がかろうじて確保されている程度。

廊下も、押し入れも、納戸も、必ず何かしらがあって空いたスペースがまったくない。

お金はあればあるだけ使ってしまうと言うが、空間はあればあるだけ埋まってゆく。

だからもうそれが当たり前で、何も感じなくなっていた。



これではいけない。



おれはこのまま、ごみに埋もれて一生を終えるのか。



いやだ。



おれだって、絶対に変われるはず。



ずっとうずくまっていたのは、なんのため?

今、ここから、翔び立つためだ!!


多分に外的な要因もあったが(要するに他人にケツを蹴っとばされた)おれはついに、このごみの山と正面から対決する決意をしたのだった。


かくして、自分史上最大、空前絶後の「おそうじ大作戦」が幕を開けたのだった。


捨てども捨てども……。


まずは、捨てる。

とにかく捨てる。


意外と律儀に取ってある携帯電話や各種支払い明細。

みんなの読んで良かった!