憎しみのスタート

次話: 憎しみのスタート 全ては ここから…
10月25日 義父が亡くなった。1年半の闘病生活だった。父は自営で精肉店を営んでいた。義父が亡くなった後は 義母と義姉と従業員のお兄ちゃんと3人で 義父の後を継いで精肉店を続けた。

父が亡くなった5日目。
『晃弘…数字が合わんのんよ…』ある日、義姉から主人に電話がかかってきた。義姉は 精肉店の経理をしていた。次の日曜日に主人と私は主人の実家へ無言のまま車を走らせた。
やっぱり おかしい…。経理素人の主人が見てもわかる不自然なお金の流れが あった。直ぐに取引き先の銀行へ 過去のお金の出し入れがわかる物を 過去数年分 紙面で提出して貰った。
直ぐにわかった…あいつだ!
ずっと義父が信用していた取引き先銀行の支店長までしていた男。信用して たまに経理を任せていた 色黒の女癖の悪い おしゃべりな男。男の名は 大田。
それから 義母の憎しみが始まった。

続きのストーリーはこちら!

憎しみのスタート 全ては ここから…

著者の大藤 尚子さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。