ただのバイトリーダー、色々あってバイリンガルになる。

1 / 6 ページ


 母の自殺により、大好きな母に何もしてあげられなかった自分への嫌悪・後悔を経験し、少しでも多くの人がこれを読んで後悔のない幸せな人生を歩んでほしいと思います。

 また、カナダ留学生活の終わり、そして今年に迫る就活を前に、自分自身の過去を振り返るとともに、田岡卓の全てを語った「自分履歴書」として赤裸々に綴っていきたいと思います。

<ストーリーについて>


 ・なにもやりたいことがなかった自分が、母の他界により、どういった過程でなぜ嫌っていた海外留学を決めたのか。

 ・カナダでどんな壁にぶつかり、どういう風に乗り越えたか。

 山あり谷ありの人生を振り返り、就活にむけての自己分析も兼ねて、これをきっかけに自分を成長させられる素敵な仕事と仲間をみつけることができればいいなと思っております。




たおかすぐる


 1993年に北海道の函館で次男として生まれて、中2の時に父親の転勤で札幌に引っ越し。大学四年の代を休学して留学したので、今年で大学四年生の23歳になる。

小さいころからサッカーをやっていて、明るさとポジティブだけが取り柄。

小学生のころは、毎日友達と遊んで、喧嘩して、先生に怒られて、学校から電話がかかってくる度に母親と一緒に謝りに行っていた。たまに母親を泣かせるようなこともしたけど、ヤンキーとか不良ではなく、いわゆるただのヤンチャ坊主。学生時代はたいして勉強もせず、高校受験失敗、センター試験失敗。

 こんな勉強とは疎遠だった自分が、一生のうちにまさか留学するなんて考えもみなかった。

海外短期留学をした友達の話を聞きながら、「こいつ留学したいなんて変わってるなあ」

とさえ思っていた。

だけど、そんな考えは21歳の時180度ひっくり返った。


母がうつ病になる


 俺が小4のころ、母親が父親との関係上のちょっとしたズレで、うつ病になった。

母親と父親は1年間くらい別居していて、その間は母親に面倒をみてもらっていた。

でも父親のことも大好きだったので、母親にお願いしてまた一緒に住むことになった。

ただ、家族が元通りになったからといって、一度なってしまったうつ病はそんな簡単に治るものではない。

うつ病の症状というのは、「なにをやる気にもなれず、常にだるい」「死んだ方がましだ」など、超ポジティブな考えの俺からしたら、まったく共感できないものだった。

うつ病になり始めのころは誰にも会いたくないと言って家から一歩も出ないことが長く続いた。正直言って、中学生くらいの思春期の俺にとっては、今まで友達に対して明るかった母親が、急に暗くなって愛想もなくなったので友達に会ってほしくないと少し思ってしまっていた。

親孝行は1ミリもしたことがなかった


 親孝行をしなかった理由は2つ。1つは、「恥ずかしい」。思春期だったせいもあり、自分の気持ちを伝えるのが簡単そうで、かなりむずい。すげえ感謝してるのに、それにもかかわらずできない。

2つめ、「就職してからでいいや」。「今は学生だから就職してから親孝行すればいいや」

相当あほだね、子供過ぎる。まじでバカ。

 俺が10歳くらいのころに母がうつ病になって、22歳になるまでの約10年間、何度か入院していた。要するに、状態が悪すぎて、自殺を試みていたってことです。

でもやはりどこかその自殺は本気のものではなく、薬を多めに飲むとかそういった類のもので、もちろん危険ではあるけど、「気持ちがわかってほしい」「同情してほしい」、そういったものが幼い自分ながらに感じることができて、そこまで自分の中で危機感というのを感じていなかった。

状態が悪いときでも、長くても数週間経ったら、回復していつも通り明るくなったりしていたからっていうのもあると思う。

 ところが、2014年10月あたりから12月にかけて、今までにないくらい体調の悪い期間が長く続き、毎日夜な夜な泣いて、父親と口論する日が続いた。10年間もこういった状態が続いていたのもあり、変な意味で慣れてしまっていて、テスト前だった俺は、「勉強するから静かにして」とその間の初期のころは冷たくする始末。

 ただ11月終わりころ、少しずつ異変に気付く、いつもとは程度が違うし本当につらそう、と。

みんなの読んで良かった!